子どもの水泳&プールが始まる前に準備しておきたいこと




暑くなってきましたね。

小学校では、6月も半ばになると水泳の授業が始まります。
保育園でも6月後半から水遊びが始まって7月にはプールが始まったはず(うろ覚え)

プールって、色々準備するものが多いです。
わたしと一緒に必要なものを復習しちゃいましょう!

プールの前にあれこれ要チェック!

病気は大丈夫?

出席停止の病気は別として、プールに入れないのは

  • 中耳炎
  • 水いぼ
  • とびひ
  • ものもらい
  • 発熱
  • 結膜炎

あたりですよね。カンタンに言うと、移るやつ。
この辺の病気があるお子さんは、プールや水遊びが始まる前に治しておきましょう!
水いぼは結構しつこいので要注意!

ヨリメグ
うちの子は結膜炎っぽいので、医者に行かねば…

プールグッズは揃っている?小さくなっていない?

  • 水着
  • 水泳帽
  • タオル
  • プールバッグ
  • (名前を貼るシート的な奴)

水泳帽はあまりサイズがないので買い替えるってことは少ないと思うのですが、水着やタオルが小さかったりすることはよくあります。また、小学生の場合、名前を水着に縫い付ける必要があると思いますが、学年の書き換えも忘れずに行いましょう。

子どもの成長は早くて、去年の水着が小さくなっちゃっていること多々!
水着のサイズ確認もお忘れなく。

保育園のプール道具ってこんな感じ

小学校よりは全然ファンシーでOK!
小学生から水着可愛くなくなるし、今のうちに可愛いタイプ着ちゃった方がいいかもしれませんね。

小学校の水泳道具ってこんな感じ

面白みも何もない水着ですが、小学校で指定されている水着&水泳帽ってこんな感じですよね。水泳帽はたぶん白が指定だよね。

学校指定の近所の洋品店や衣料品があるイオンやヨーカドーなどの大型スーパーでもきっと売っていると思うけれど、ちょっと高いと思うのでネットでポチっていいと思うのよね、こういうものは。

水泳は習っておいた方がいい?

出来ない人にはできないなりの指導になるようですが、やっぱり泳げないよりは泳げた方がいいよね。。。(うちの子は拒否するので水泳習っていないですが…)夏休みの短期講座でもいいから、通えるようなら通った方がよいと思います。

その他必要なもの

結構忘れるのが日焼け止め。
室内プールの施設ならいいけれど、そうでない場合日焼け止めを塗っておかないと日焼けしちゃいます。ぜひご準備を!

爪を切ってないとプールに入れません!

プール時期は検温必須!体温計を用意しておきましょう。

これでプールは準備バッチリ!

azo09037501549 / Pixabay

暑くなると体調が崩れやすいもの。
たっぷりのご飯と睡眠で体調管理にも気を付けながら、過ごしていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です