思ったよりもカンタン!スタイリングボードを作ってみた話




写真を撮り始めると、上手になりたい!綺麗に撮りたくなるもの。わたしもどうすれば写真が綺麗に見えるか日々研究中です。

特に写真は、背景が超大事。
背景一つで写真の出来栄えが変わります。

写真背景を思い通りに調節できる、スタイリングボードって知っていますか?
写真の下に敷くアレです。

これこれ↑マカロンの下に敷いてある木ね。
これがあると写真が何倍もステキに!印象深くなるんですよこれが。

何枚か某ショップで購入したものがあるのですが、自分でも作ってみたいなとほんわり思っていた時にFBで見つけたWSのお知らせ。これは!と思い参加してみることにしました。

 

スタイリングボードは、カンタンだけど奥深い

スタイリングボードは、思ったよりも工程は超簡単!

ベニヤ板に漆喰を塗って作るというシンプルな作り方でした。

漆喰って塗る素材のことだったのですね。(知らなかったよわたしゃ…)

「はけで塗るだけ」なので簡単ですが、奥深い!
なぜって滑らかに塗らないと板が見えちゃうから。

上手くいかないなと思っていたところは、主宰の方に相談するとわかりやすく教えていただけました。
固まるまで24時間くらいかかるらしいです。

こんな感じに仕上がりました。
少しムラを出してぼこぼこしたところも作ってみました。

次はペンキで床材を作ります。


4つの木をそれぞれ薄めに塗ってそれぞれ違った風合いが出るように塗っていきます。

こんな感じで仕上がりました。

ボードはかなり大きくて持ち歩き困難だったので、宅配便で送っていただくことにしました。

スタイリングボードを作ってみた感想

思ったよりも簡単でしたが奥深い!
塗り方ひとつで雰囲気が全然変わるところが面白いです。
市販のものもそうだけど、同じものは一つもないというのが面白いですね。

道具さえそろえれば自分でできるのですが、道具をそろえるぞ!と思えるかどうかが自作可能かどうかの分かれ道。写真撮影の機械が多い人は自作した方がオトクかも。

追記:こんな感じで使っています。

到着したスタイリングボードは、こんな感じでレビューの際に使用しています。
スタイリングボードが一つあるだけで、写真が綺麗に見えて本当におすすめですよ。

わたしは自作に挫折しましたが、材料をそろえられる方は揃えてやってみてはいかがでしょう?

下記リンクに自作したい方向けのショップやスタイリングボードのお店のリンクを載せておきましたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。