可愛いボディのチェキ instax mini8+レビュー。写真のレトロ感がたまらない

可愛いボディのインスタントカメラ、インスタックスミニ8+。

チェキインスタックスの中でも一番スタンダードな機能&全5色のカラフルな商品です。

チェキっていう商品は、撮影してすぐに写真が出てきちゃう。
そのため、失敗しても消せるデジカメ世代にとって、気になるけど…ちょっとドキドキの商品でもあります。

写真撮るのが下手だし、失敗したらフィルムもったいないなぁ…

気になっていても、その特性故に迷っちゃう方も多いのでは?

わたしもそんな一人でしたが、今回でんたん@プレゼンター(@dentan_gadget)さんのプレゼント企画で当選しちゃいました!

実際に使ってみたところ、味わいのある愛すべきカメラだと実感。使用感などレポートします!

instax mini8+ってどんなカメラ?

instax mini8+は、カンタンに言うとプリント機能が付いたインスタントカメラ
撮影した写真が、すぐにフィルムとしてカメラから出てきます。

デジカメではないので、液晶フィルタはありません。ファインダーを覗いて撮影します。

写真の雰囲気は、こんな感じでちょっとレトロな色合い。
彩度低めの写真ですが、風合いがあります。

本体とフィルムがないと撮影できないよ!

instax mini8+の本体とフィルムです。

インスタックスシリーズはインスタントカメラなので、フィルムがないと写真の撮影ができません。本体と必ずセットで購入しておきましょう!

本体の箱を開けてみると、こんなものが入っています。

チェキ インスタックスミニ8+の入っているもの
  • 本体
  • 電池
  • 活用ブック
  • 説明書
  • 接写レンズ

があります。

meg

そう、インスタックスって乾電池で動くのです!充電池じゃないの。デジカメ世代には結構衝撃でした…

チェキ インスタックスミニ8+の使い方

  • 手順1
    電池を入れる

    電池はボディの横にあります。

    単三電池二本を入れると起動します。

  • 手順2
    フィルムを入れる

    フィルムはこんな感じの形をしています。

    本体の後ろにあるふたを開けて、フィルムを入れます。

  • 手順3
    電源を入れる

    レンズ横の電源スイッチを押すとレンズが出てきます。
    ちなみに、電源オフはレンズを押します。レンズも元に戻ります。

  • 手順4
    ダイヤルをセット

    チェキは、モード設定をする必要があります。
    方法はカンタン!レンズ横のマーク横のLEDライトが光るところに、レンズのダイヤルを合わせます。

  • 手順5
    ファインダーをのぞく

    被写体を決めて、ファインダーをのぞきます

    本体右上に小さなファインダーがあります。

  • 手順6
    シャッターを押す

    構図が決まったら、本体レンズの横にあるシャッターボタンを押します。

  • 手順7
    写真が出てくる

    シャッターボタンを押すとすぐに写真が出てきます

    1分くらい経過した写真はこんな感じ。幻想的な雰囲気です。
    きちんと印刷が仕上がるのは、2分ちょっとくらいかかります。

チェキ インスタックスミニ8+の魅力

チェキ インスタックスシリーズのイチバンの魅力は、このノスタルジックな風合いの写真!

フィルムサイズが86×54mmと小さいのです。

でもその小さなフィルムサイズだからこそ、どうすれば素敵な一瞬や風景を収められるのか?を考えながら撮影できるのも楽しいなと思いました。

MEMO
暗いところでの撮影はちょっと苦手かな?明るすぎても白飛びしちゃうので、直射日光の当たらない明るい場所が撮影にベストです。

instax mini8+には、自撮りミラーもあり

まだ利用していないのですが、自撮り用のミラーが付いています。
ミラーのサイズが小さいので気休め程度ですが、お友達同士の撮影で役立ちそうです。

すぐにプリントされちゃうのは、どう?

インスタックスミニ8+は、撮影するとすぐに印刷されちゃいます。
最初はやっぱり明るさなどで失敗するので、数枚使えない写真が出ました。

ただ、どんな写真に仕上がっているのかわからない分、ドキドキしながら表示されるまで(浮き上がるまで?)待つ時間はなかなか楽しいです。

失敗込みで楽しんじゃえばよいんじゃない?

ただ、フィルムなので写真データとしては残らないので、大事な瞬間の写真はデジカメやスマホでも撮影しておいた方がよいかなと思いました。

meg

子どものお誕生日プレゼントで購入するのも楽しいかも。小学校中学生くらいのお子さんとかね。

インスタックススクエアQ10と比較してみて

わたしはチェキ instax SQUARE SQ10 ブラックを持っているのですが、インスタックスミニ8+と比較してみました。

機種インスタックススクエアQ10インスタックスミニ8+
フィルムサイズ62mm×62mm86×54mm
フィルム種類1種類柄やキャラクターのフレームなど多数
写真印刷撮影後すぐ印刷or印刷する写真を選択できる撮影後すぐ印刷
液晶パネルありなし
フィルターありなし
写真データの保存可能(本体+マイクロSDを購入する)不可

この2機種は、デジカメかそうでないかの違いがあります。

撮影後すぐに印刷されるのがインスタックスミニ8+。
インスタックススクエアQ10は後で撮影する写真を選べたり、フィルターをかけて撮影できる、または撮影後にフィルターをかけて印刷することができます。

meg

性能的にはインスタックススクエアQ10だけど、インスタックスmini8+のアナログな感じもすごく素敵です。フィルムのフレームも豊富だから、あれこれ選べるところも楽しいね。わたしは撮影したい用途に合わせて使い分けてます

まとめ:この時代だからこそアナログが楽しい

スマホやデジカメで写真を撮影することがメインの現代で、インスタックスは思いっきり逆行したアナログなカメラです。でも、そのアナログなところが面白い!

デジタル写真はアプリで加工できるけど、フィルムの写真は加工できません。

「その時の雰囲気をそのまま写真にできる」
「プリントされるまでどんな写真かわからないというワクワク感」

これがインスタックスシリーズの魅力です。

  • デジカメにちょっと飽きちゃった…
  • チェキ写真の風合いが好き
  • その場でプリントして友達に配りたい!

そんな方はぜひ触ってほしい商品です。

いきなり購入するのはちょっと…と思うなら、Rentioというガジェットレンタルサイトで借りてお試しもできますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyrighted Image