3歳児と国立科学博物館へ行ってみた

長男と夫が学童キャンプのため、3歳の次男とわたしはお留守番。
せっかくなので彼の行きたい場所に行こうかと思い、聞いてみたら恐竜の本を取り出してここに行きたいとのこと。

おお、国立科学博物館なら上野だからいけるわ!ということで行ってみました。

ゆっくり出発だったので、到着時間はちょうどお昼。
おなかがすいたのでまずはレストランへ。

メニューに工夫が凝らしてあるレストラン

ネットだと30分待ち表示だったけど、席数が多いので20分くらいかな。

恐竜のモチーフがところどころにあります。

ここで食べたいなと思ったのは、
メニューがリーズナブルだけど工夫が凝らしてあって食べてみたいなと思ったから。

これは恐竜の足形ハンバーグ。なんかこういうの子ども喜びそうじゃないですか?
メニューがPDFで載っているので、ぜひチェックしてみてください。
ムーセイオン

一人一皿は食べられないだろうと思ったので、とりわけにすることに。
サラダとスープ、ドリンク付きのsetにしました。

おいしそうにもぐもぐ食べております。

お味は、美味!うまい!!!!ってほどではないですが、
メニューのアイディアに好感なのでわたしは好きですよ。

特別展へ

特別展も行きたいとのことでしたので、チケットを買ってみました。

特別展は、(大人の事情で)ネットで写真のアップは禁止とのことだったので、こちらだけ。

海のハンター展は、カメ、サメ、などなど幅広く海の生き物のはく製や骨が展示されているので海の生物が好きな子にはすごく喜びそう。
うちの子は恐竜目当てだったので、集中力が持たずでしたが、、、、。

自分が描いた海のハンターの絵が、大型スクリーンの中でまるで生きているかのように泳ぎだすという企画をやっていて、色塗りにいそしむ3歳児。

一通り終わったら、常設展へ。

常設展もすごいボリューム

恐竜目当ての常設展へ。
地球館は2015年7月、ちょうど一年前にリニューアルされたそうです。

凶悪な匂いを放つというラフレシアも展示。これはもうお化け花だね。

1Fは動物や昆虫などの標本が勢ぞろい。これはすごい。

地下は恐竜や古代の哺乳類、人間の骨など。
見たことない生き物がたくさんいました。
化石や鉱物もたくさんありました。

結論:3歳はピンポイントで楽しめる。

この博物館は、日本館・地球館の二つがあるそうですが、結構ボリュームがあることもあり日本館を回る元気はなく地球館のみで撤収しました。

3歳は、恐竜に関しては興味津々だったけど、他はさほどでございました。
母はもうちょっとゆっくり展示を見たかったなぁ。
でも恐竜を見ることができたのはとてもうれしかったらしく「きょうたのしかったね」とご機嫌。

でもやっぱり小学生以上がおすすめ

本格的に楽しめるのは、生き物に興味がある小学生以降の子かな。
ともかく展示ボリュームがあるので、一日館内で過ごせます。
夏休みの自由研究のアイディア探しに訪れるのもおすすめですよ。

国立科学博物館
〒110-8718 東京都台東区上野公園 7-20
【お問い合わせ】 ハローダイヤル:03-5777-8600