引っ越しの初期費用が大幅ダウン!UR賃貸はいいことづくめ!

私事ですが、諸事情で年内に引っ越しをしないといけない我が家。
時期的に夏休み前が色々なタイミング面でベストというわけで、物件をゆるゆると調べています。というのが前回のお話。

子連れで引っ越し!物件探しなう

2017.05.11

我が家の希望条件

  • 部屋がきっちり振り分けられている(息子1の勉強部屋を確保したい)
  • できれば夫の勤務先から3駅以内(家賃補助が出るから)それがだめでも、職場に乗り換えなしで行ける駅
  • 保育園には入りたいので空きがある地域がいいな…
  • 出来れば今よりも広い部屋でゆったり暮らしたい(65㎡Over & 3LDK)

 

結論:今より広い部屋は高いのよ…

今いるエリアだと今より広い部屋を見つけるというのが、かなり無理ゲー。
築年数が古すぎる。安いと思ったら事故物件っぽいし…。

ヨリメグ
ちなみに、ライフステージに合わせて住み替えていく方が性に合っているかなと思うので、住宅購入は現状全く考えていないです。

ということで、ふと思いついたのはUR賃貸!概要しか知らないけれど、どんな感じなのでしょう?調べてみました。

UR賃貸ってなに?

URは、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が管理する賃貸住宅のこと。
全国に約74万戸あるそう。略称はUR。現在25都道府県に物件が存在します。

カンタンに書くと、国が運営する賃貸マンション(たまに割引とかあり!)って感じでしょうか。

初期費用は、 敷金2ヵ月・日割家賃&共益費のみ!!!

通常不動産会社経由で物件を借りると
敷金・礼金・仲介手数料・日割家賃&共益費(+火災保険)となります。

最近は敷礼×2ヵ月というケースはほとんどないけれど、敷1・礼1や敷2・礼1はまだまだある。

でも、URは「敷金2ヵ月」と日割家賃・共益費のみですよ!仲介手数料とか礼金いらないの!
仲介手数料とかホントじわじわ来るじゃないですか。礼金もしかり。それがないんですよ!

以前は敷3だったようですが、最近は敷金は2か月のようです。

しかも保証人も要らないときた。
そう、30代とか40代になると、親ももう定年していることが多いです。

定年している親って、保証人で落ちることが結構あるんですよね…。

更新料もいらない

そう、これも結構取られるよね。
更新料だけならまだしも、更新手数料も不動産会社に払わないといけないじゃないですか。

15万の家賃だったら、更新時22万くらいになるのかな?
これがいらないんですよ!

これから長く住むことを考えると、更新料を払わなくてもよいのはかなりのメリットです。

家賃は相場より気持ち安いくらい?

ざっと比較しましたが、家賃は激安では決してないです。
でもこの広さでこの値段は安いかも?という感じでしょうか。

例えば、現在空きがあるシティコート元住吉
東急東横線「元住吉」駅 徒歩14分。

人気の元住吉エリア(ブレーメン通りを通る道ではないけど)で、
3LDK 70m²/138,700円(2,700円) というのはお得

なんじゃないでしょうかね。

広い物件が多いのも嬉しいところ。
賃貸で70m²以上ってほとんど出てこないじゃないですか。
でもURだとゴロゴロ出てくるんですよ。

そして、設備もよい。

エレベーター、エアコン、自動お湯張り機能、オートドアロック、温水洗浄便座、オール電化、独立キッチン、防犯カメラ、プレイロット、CATV、BS、VDSL、住棟内LAN、光配線、トランクルーム、アルコーブ、洗面所独立、追い焚き、洗濯機置場(室内)、バルコニー

これは恵比寿の物件ですが、こんな感じだったりするのですよ。

割引もいろいろある

部屋によって違うのですが、割引があります。

  • 近居割:二世帯が近くで暮らす場合の割引。新たに入居引っ越しで、5年間で最大20%OFF
  • R35割:35歳以下限定。3年間の定期借家契約で通常よりも安く借りられる
  • そのママ割:妊娠中&18歳以下の子供がいる家庭限定。3年間の定期借家契約で通常よりも安く借りられる
  • 子育て割 :子育て世代&新婚世帯限定。所定の収入以下の場合、最大9年間家賃を20%サポート

※定期借家契約のものは、再契約可能なこともあるらしいですよ。

申し込み方法は?

  1. 希望のお部屋を探す
  2. 申込み資格を確認する
  3. 仮申込
  4. 内覧
  5. 本申込
  6. 契約
  7. 入居

普通の賃貸とさほど変わらないのだけど、若干違うよう。
新築の場合は、抽選になることもあるそうです。

仮申込を入れる→内見→内見可能な日から一週間以内が猶予期間。その間に気に入ったら申し込む

という流れです。

ただし、審査があるよ

これは通常の賃貸でもそうなのですが、審査があります。

申込本人の平均月収額が基準月収額以上ある方、または貯蓄額が基準貯蓄額以上ある方

世帯で申し込む場合

家賃額 標準月収額
82,500円未満 家賃額の4倍
82,500円以上 20万円未満 33万円(固定額)
20万円以上 40万円(固定額)

つまり、10万円の家賃の物件を契約するにも33万円月収が必要ということです!
19万円の家賃の物件を契約するにも33万円月収が必要ということです!

10万円の物件を借りたいと思っても申し込み本人に33万円の月収がないと借りられないので、
結構ハードルは高いかもしれないですね。30万円でもアウトなのです。保証人が要らないので、しょうがないかもしれないですが。

場所とタイミングが合えばいい選択!

会社から近いとか通勤に便利など場所の問題がクリアになっている&物件の空きがあれば、
条件が良くて設備もよいURは選択肢の一つになるなと思いました。

というわけで、URは要チェック!もう少ししたら物件探しを本格スタートするので、URも見てみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です