MENU

中学1年生初めての定期テストに親として向き合ってみた2週間を振り返る

2020 7/15

息子1、初めての定期テストでした。
コロナで中間テストがなくなって、一気に9教科の期末テストスタート。

初めての定期テストで9教科はなかなかきついな…と思っていましたが、思った以上に大変でした。

megのアイコン画像meg

何が大変かって?それはシンプルに…
勉強させることが大変でした!!!!

そんなわけで、初めてのテスト期間を迎える中1の親御さんに向けて、テスト期間に感じたあれこれを備忘録として残していこうと思います。

目次

勉強の仕方が分からない可能性あり

初めての定期テストを迎えて感じたことは、「勉強の仕方が分かっていない」ということでした。

小学校の頃の勉強って「漢字テストがあるからこのプリントの漢字をひたすら勉強する」という感じだったと思うのですが、中学校の場合、「英語は教科書はここまでで、ワークはここまでが範囲で…」という感じで広範囲になるため、どういう風に勉強していいのか戸惑うようです。

これが中受経験者であればサクサクっと勉強を始めるのでしょうけれども、我が家は受験をしていないためそう簡単にサクサクできるはずもなく。

「どうすればよいかわからない」とのことだったので、我が家の場合

  1. ワークで問題を解く
  2. 答え合わせ
  3. 間違ったところを教科書を見るなど何度も繰り返して、できるようになるまでやる

などなど、色々提案してみました。

megのアイコン画像meg

ワークに直接問題を解くと1度しか使えないからノートや紙に問題を解いたら?

息子1のアイコン画像息子1

なんかやりにくい…。直接書き込みたい…。

megのアイコン画像meg

じゃ、じゃあワーク印刷するからそれに回答していけば?(でもめんどくさいからできればノートとか紙に書いてほしいんですけど…)

我ながら至れり尽くせりだなと思いつつ、細かいことで勉強のやる気をガクッとなくされちゃうのもな…と思い、印刷して渡していたのでした。

教科書をまずは一通り読んでから問題に取り掛かるなどなどいろいろやり方はあると思いますが、勉強に取り掛かるための一通りの流れをまずは教えないと、何から手を付けてよいのかわからない子もいるのだなとその時実感したのでした。

わ、わたし初めての中間テストってどうやって勉強したっけ?もう思い出せないや。

やる気スイッチ君のはどこにあるんだろう?

「テストに向けて勉強をひたすら重ねていく」のがテスト勉強なわけですが、まぁやる気がないんですね。
勉強しようよと言って、一応部屋に行くものの布団でごろごろしているわけですよ。勉強よりもゲームする時間の方が長いわけですよ。

息子1のアイコン画像息子1

テスト勉強たのしくない

megのアイコン画像meg

そりゃ誰だって楽しくないよ(怒)!!!

そんなわけで、なかなかやる気が出ない日々が続きましたが…

さすがに日程が迫ってくると、様子は変わってきました。

というのも、テスト終了後に各教科の課題提出なのですね。テストができてなくて課題もやってないなんてことになれば…分かりますよね?えぇ。

というわけで、彼が本っ気を出し始めたのは、テスト1日前でした。

そんな彼の名言をここにご紹介します。

やりたくないとかじゃなくて、やるんだよ!それに気づくのが遅かった…

そうそう、やりたいとかやりたくないとかそういうことじゃないんだ。まずひたすらやるんだ。やることでなんとかなるんだから…。

megのアイコン画像meg

とはいえ、テスト勉強すればよいのに、『Re:ゼロから始める異世界生活』の2期を観たり、ゲームもしたりと正直今我慢して終わってからすれば?ってことを期間中もガンガンやっておりました…。

しかしなぜこの時期に始まるんだRe:ゼロよ…。しかも息子1の友達みんなリアルタイム視聴したっていうじゃないか…なんなんだ。

結果はバッチリとはいかなかったけれど…

結局テスト期間は、早起きをしたり長時間勉強したりとそれなりにもがいて勉強していました。

まだテスト結果は数教科しか返却されて来ていないですが、もうちょっと早くから勉強していればあと10点くらいはアップできたんじゃない?という感じでした。

初めてのテストだし、次回はもっと早くから勉強量を増やしてテスト勉強に取り組んでほしいものです。

個々に合ったテスト勉強法を知ることと、励ましと合える友人が大切

これっていう勉強法が見つかれば、もう少し早く

我が家の場合…

  • ノイズキャンセリングヘッドフォンを渡して好きな曲をかけながらやる
  • ラムネ(ブドウ糖は脳のエネルギーになるらしい)をテスト勉強のお供にする
  • おやつとお茶を適度に補充する
  • ワークや問題集からまずは始める

という感じで進めてみました。一つノウハウができたので、次回はもう少しスムーズにすす得られるのではないかと期待…。

でもそれよりもなによりも

「帰りに一緒に帰った友達が、アニメを観るのも我慢して勉強頑張っているのを聞いて、頑張らないとなと思った」

という息子1の発言から、「テスト勉強中に励ましあえる・刺激をもらえる友達がいること」っていうことが、親が勉強しろとう言うよりも、もしかしたら一番重要なのかもしれません。

megのアイコン画像meg

思春期にさしかかった男子には、親の言葉なんて所詮戯言なのだよきっと…。

次回はぜひ頑張ってほしい…な

そんなわけで、いい教科もあればイマイチな教科もある初めてのテスト。ぜひ返ってきたテストの解きなおしをちゃんとやってほしいな!

って伝えてるけど、ねぇ?聞いてる?

この記事を書いた人

東京在住、30代後半のワーキングマザー。
日々の生活を楽しく便利にするモノコトや子育ての備忘録をゆるゆる発信しています。レビュー&お仕事のご依頼は、こちらからお願いいたします。

コメント

コメントする

目次
閉じる