文字に興味を持ち始めたら、お風呂に貼れるおいうえお表がおすすめ

息子2(5)は、遅まきながら文字に興味を持ち始めました。

きっかけは、こどもちゃれんじ・すてっぷについてきたおふろカタカナポスター。

やっぱりお風呂ってすることがない&リラックスできる環境なこともあり、文字を覚えるには最適な環境のよう。本人の希望もアリ、ポスターを貼ると文字を一生懸命覚えだしました。

おふろカタカナポスター参上!

このカナカナポスターは、「カタカナのもの」が絵と一緒に書いてあるところ&裏はクイズがあるところがステキ!

しかし、うちの場合、カナカナよりもひらがなが先でしょう!

しかしすでに受講していない期間の間にひらがなポスターは出てしまっていたようなので、Amazonでお風呂にも貼れるひらがなポスターを購入してみました。

巨大なひらがなポスターが届いたよ!

Amazonで購入したひらがなポスター。

購入の決め手は、乗り物の写真が載っているため、覚えやすそうだから。

by カエレバ

 

お風呂に貼ってみました

ちょっとずれましたが、こんな感じです。

このポスターのいいところは、サイズも大きいので、「がぎぐげご」・「ぱぴぷぺぽ」、「きゃきゅきょ」・「にゃにゅにょ」「ぎゃぎゅぎょ」「じゃじゅじょ」などの文字も収録されていること。

文字の覚え方はタイプに合わせるとよいかも

世の中の人は3種類タイプがいるそうですね。

  • 視覚優位者:物の形から覚える(レモンの形→レ)
  • 言語優位者:文字から覚える(レの文字→レモン)
  • 聴覚優位者:声や音から覚える(歌、話し声)

息子1は言語優位で「この文字はなんという文字だ?」という風に文字を覚えていったのですが、息子2の場合は資格優位のようで「人参の絵が描いてあるからこの文字は「に」」と認識しているようです。

そのため、「この絵は?」「ミニパトロールカー」「この文字はなぁに?」「み」という感じで、絵から文字に落とし込む方法を取っています。また、ポスターが2枚あるので、「あ と同じ文字はこちらのポスターのどこにある?」という感じで、クイズを出してみたり。

聴覚優位の場合は、「あいすくりーむのあ、いぬのい…」というように声に出して読むと良いかも?(あくまでこれは推測です)

全体的には、視覚優位者の方が多いようです。

お子さんの好きな絵や写真が載っているポスターを買って一緒にクイズでも出しながら、文字を覚えてもらうのはアリかなと思います。

文字を実際に書いて覚える際は

もしiPadをお持ちであれば、iPadにはたくさんの文字学習アプリがありますので、そういったものを利用するのもおすすめです。ひらがな:ゆびドリル(入学準備アプリ)for iPhone – NEXTBOOK, Inc.など利用して、書いて覚えるのも手段の一つです。

また、Daisoにも子ども向けのひらがなドリルがありますので、紙で始めたいおうちは、まずはダイソーのドリルからはじめてみてはいかがでしょうか?

ゆるやかに準備をしていこう

我が家は再来年4月に小学校入学です。
小学校入学までに時間はあるので、こどもちゃれんじ・すてっぷやひらがなポスター、アプリなどを使って、学習の準備を進めていきたいなと思います。

まずは文字を覚えて欲しいなと思っているパパママ、お風呂に貼れるひらがなポスターはおすすめですよ!

by カエレバ

 

Copyrighted Image