早めに準備!保育園入園に必要なものを揃えよう

1月~3月は、次年度保育園の入園通知が届く時期ですね。

この記事を見ているということは、入園が決まったということでしょう。

おめでとうございます!

ヨリメグ

保育園入園の間、お子さんと一緒に過ごせる時間を思いっきり満喫してくださいね。入園しちゃうと意外と慌ただしくてなかなかゆっくりできません、本当に。

保育園ママになって気づけば9年。

引っ越しもあって色々園を経験しましたが、基本的に必要なものは限られます。

保育園準備に必要なものやおすすめの購入先をまとめてみました。

保育園入園に必要なものは?

園によって違いはありますが、基本的に必要なものはこんな感じです。

  • おむつ
  • 食事用エプロン
  • ビニール袋(買い物の時にもらうやつでOK)
  • 下着や靴下の着替え
  • トップス・ボトムス着替え
  • ループ付きタオル
  • (口拭きタオル)
  • お昼寝用バスタオル
  • (3歳未満クラスの場合)トートバッグ
  • (3歳児クラス以上の場合)子ども用リュック
  • シーツなどを持ち帰るためのエコバッグ

おむつ

おむつは、0歳児であれば常に5~6枚ストックが必要になりますので、毎日のように持っていきます。また、誰のおむつかわかるようにすすため、おむつに名前を書いておく必要がありますので、忘れずに書いておきましょう。

おむつが必要な時は常にAmazonでまとめ買いをしていました。やっぱりケース販売は有り難いです。

ヨリメグ

Amazonプライム会員になると、おむつやおしりふきが割引価格で購入できるので、日中お仕事で買い物がなかなか難しくなるパパママにはおすすめですよ。

食事用エプロン

食事用エプロンも2歳児クラスになるまで必要だった気がします。

わたしは3コインズなどのショップで2枚組を購入していましたが、キャンドゥなどの100均でも売っています。こちらも枚数がいるものなので、100均で数枚確保しておくのもアリです。

デザインにこだわりたければ、アマゾンなどがおすすめです。

下着や靴下の着替え

LILY CUPS 3D立体 動物柄 通学 通園 靴下 キッズ ソックス 女の子 ソックス カラーフル 5足セット (M, ピンク)

下着や靴下の替えもたくさん必要です。
特にトイレトレーニング最中はパンツの数は5枚くらい持っていかないといけません…。

靴下も、替えの靴下・予備・非常用というように常に3つはストックの必要がありますので、8足くらいあると安心ですね。

おすすめは、Nissen
子供服 下着(肌着)は、ニッセンでまとめ買いしています。10足1,290円の靴下が超便利です。

トップス・ボトムスの着替え

現在の保育園では天気が良いと2回着替えをするので、(年中でも)着替えを2枚分持っていっています。

つまり、1日3セット必要なので、最低8セットはないと不安ですね。
そんなわけで、プチプラなお店でまとめ買いをおすすめします。

名前を書く欄があるとか動きやすさなどの機能性と値段を考えると、ベルメゾンネットがイチオシです。

ループタオル・口拭きタオル

保育園の定番と言えば、ループタオルです。
1日2・3枚は必要になりますので、8枚くらいは持っておくと安心ですね。

口拭きタオル(ミニタオル)は、保育園によって必要なところがあります。(以前通っていた保育園では不必要、今の保育園では必要です)

店頭で購入するなら、セリアなど100均で売っていますのでチェックしてみましょう。

お昼寝用バスタオル

バスタオルは、色々な使い方があります。

  • コットでお昼寝をする保育園は、コットにかける用のシーツ替わりと夏用のバスタオル。
  • コットでお昼寝をしない保育園は、布団にシーツ替わりに付けるバスタオルと夏用のバスタオル。

最低2枚は必要になります。

トートバッグ

保育園の荷物を入れるバッグが必要です。
着替えやおむつ、連絡帳などを入れるので、大き目でキャンパストートもしくはキルティングの軽いバッグがおすすめです。

リュック

毎日の荷物を入れるリュックは、年少になると必要になります。

大きすぎると背負うのに大変なので、サイズをよく見て購入しましょう。遠足などにも使えます。

シーツなどを持ち帰るエコバッグ

毎週シーツなどを持ち帰って洗う必要があるため、シーツを入れる用のエコバッグが必要です。特にすごいものは必要なく、普通サイズのもので十分入ります。

その他必要かもしれないもの

園によっては、連絡帳のノートは自分で用意しないといけない場合があります。(初回だけ用意してあとは自分で購入というケースもアリ)

連絡帳の大きさは保育園によって違いますので、購入が必要な場合はサイズの確認をしておきましょう。

早めに準備を済ませて、子どもとの時間を楽しもう

「まだ時間があるから…」と油断していると、あっという間に4月1日になってしまいます。

30日くらいになって慌てて準備をすると、追加で購入しないといけないものがたくさんあることに気づいたり、手を加えないといけないものが多いとわかって、軽く絶望してしまいます。

必要なものは面談などで言われるかと思います。

鉄は熱いうちに打てという言葉もあるように、1週間くらいの間にそろえてしまいましょう。

保育園準備をサクッと済ませて、仕事の準備やお子さんやママ友との思い出をたっぷり作りましょ!

Copyrighted Image