自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガを読んだよ。これなら続きそう

一日の大半がパソコンに向き合っている状態のわたしは、気づけばあちこちガッチガチにこっています。

こういう時はやっぱり運動とかストレッチが一番だと思うのだけど、まぁこれが続かない。面倒くさがりなのです。

最近復活したKindle Unlimitedで本を漁っていたら、ずぼらヨガという本を見つけました。

meg

ずぼらヨガ?!
もうまるでわたしに読めと言っているような本ですな。

ヨガは興味アリアリだけど、なかなか続かないの。運動ってほんと続かない、続いた試しがない。

この本は、そんなわたしのような方はぜひ読むべし!

自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ

この本は、お金をかけず自宅で気軽にできるヨガポーズを紹介しています。

 

自律神経失調症や鬱などでずっと心療内科に通っていたイラストレーター・漫画家の著者は、旦那さんに薦められて、ヨガ教室に通うことに。

続けていくうちに、身体と心に変化が訪れます。
それは、身体を動かすと気持ちが良くて気分がすっきりするということ。

家でヨガポーズをすると、やる気がないときでも仕事が捗るようになり、ヨガは生活に溶け込んでいきました。

ズボラな人でも、運動嫌いでも続けられる厳選ヨガ・ストレッチをイラストや漫画で分かりやすく解説しています。

紹介されているヨガポーズは全部で14ポーズ

自律神経には、身体を活動させる交感神経と身体を休ませる副交感神経があります。

どちらが優位でもうまくいかず、この二つをバランスよく登場させることが重要です。

ヨガストレッチは、そんな自律神経の調節にぴったり!

 

例えば…

猫のポーズは、リラックスできるポーズ。

背骨を丸めたり伸ばしたりすることで背骨のストレッチをすることができます。肩こりや腰痛対策にもなるし、背骨のストレッチは、副交感神経が優位になります。

meg

実際にやってみると、まず肩のコリに効きます。身体が伸びるのがなかなか気持ちが良い!

股関節ストレッチは、元気が出るポーズ。

椅子に座って身体を左右にねじることで、肩こり対策と、股関節を開くことで溜まった老廃物を流すことができます。

meg

ここ最近ずっと股関節を押すと痛いのだけど、ストレッチをしてみたら痛みが軽減。わたし老廃物が溜まっているのかも…。

椅子に座ってできるポーズもたくさんあるよ

椅子に座ってストレッチ

わたしのようなキングオブ・ズボラな人は、床の上でヨガポーズをとるのも面倒くさい…と思っているはずなのですが、この本は、座ってできるヨガポーズも紹介されています。しかも6種類!

はい、もうこれで面倒くさいから…とは言えませんね!すばらしい。

デスクワーク中などお仕事をしているときに、さらっとストレッチしてみるとよいでしょう。

ミニコラムも読んでおきたい

急激なストレスを感じた際の応急ストレッチや自律神経を整えるために工夫していることなど、ミニコラムも読んでおきたい内容です。

ヨガストレッチはもちろんだけど、普段から心掛けることで、ココロとカラダの健康を保てるのではないでしょうか。

絵や説明がともかく分かりやすい!本を見ながらやろう!

この本は、ポーズの図説がともかく分かりやすいところが素晴らしい!

通うヨガはもちろんのこと、動画を観てのヨガも続かない…とお悩みのあなた!

この本を見ながら、マイペースでやればいいじゃない!

本なら進行を気にしなくて済むので、徹底的にマイペースで出来ちゃいます。

  • 朝起きてから
  • 家事の合間に
  • 仕事の合間に

 

ちょっとしたスキマ時間を使ってできる、カンタンストレッチばかりなところも嬉しいです。

しかも、Kindle Unlimited対応しているので、加入している方は無料で読めちゃうんです。(書籍の場合は、1,200円。十分お金を出して購入する価値はありますよ)

  • 自宅で
  • マイペースに
  • できれば座って
  • ヨガやストレッチをしたい

こんな風に思っている方に、激しくおすすめしたい一冊です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyrighted Image