生き物の知られざる秘密がたくさん!ざんねんな生き物事典。




ざんねんな生き物辞典という本を知っていますか?
その名の通り、動物の残念な実態を集めた本です。

ある夕方のことです。

「ざんねんな生き物辞典って知ってる?」
「なにそれ!すごい名前…」
「ググってみて」
「お、おうよ。。。」

こんな会話が夫婦間で繰り広げられ、おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典のゲットを決意。
なんかおもしろそー。

「Amazonで買ったから明日届くと思う。開けて読んでいいよ」
「おう!じゃあ面白かったらネタにするわ」

動物のことって知っているようで知らないことがたくさんあるからね。本で学んでみるのもよいかもしれない。

ということで、届きました。

ざんねんな生き物事典

進化の歴史から始まって、生き物の残念な部分を面白おかしく書いてあります。
こんな感じで、ゆるいイラストとプロフィールが載っています。

(出典:amazon

振り仮名が多いので、小学生くらいの子ども向けなのですが、大人でも十分楽しめます。
その理由は、文章とこの可愛いイラスト。

ブログでもなんでもそうですが、タイトルって超重要です。
この本にもそれが当てはまっており、こんな感じのタイトルがついています。

  • オラウータンはけんかの強さが顔に出る
  • カツオはこうふんするとしましまの向きが変わる
  • カバのお肌は超弱い
  • イルカは眠るとおぼれる
  • マンボウの99.99%はおとなになれない

ほら、読みたくなるでしょう?

この本の魅力は、動物たちに対して、さらっと突っ込みを入れて書いていること。
愛をもって書いてある文章なので、嫌味に感じません。

普通に暮らしているだけで走ることができない生き物の秘密を楽しく面白く伝えているこちらの本は、新しい形の生き物辞典ではないでしょうか。動物の意外な一面を知って、ちょっとした会話のネタにしてみてはいかがでしょう?