リップヴァンウィンクルの花嫁(感想)

アカデミー賞優秀主演女優賞にノミネートされた黒木華が出ていた作品「リップヴァンウィンクルの花嫁」
日本映画専門チャンネルで放送されると知って、録画。早速見てみました。

 

東京で派遣教員をしている皆川七海(黒木華)は、鉄也とSNSで知り合った後に結婚。結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野剛)に頼む。しかし、間もなく鉄也の浮気が明るみに。ところが七海が浮気をしたと義母に責められ、家を出ていくことになる。そんな七海に安室が結婚式の代理出席や、月給100万円の住み込みメイドのアルバイトを紹介。そこでメイド仲間で、型破りで自由な里中真白(Cocco)と出会う。

(出典:シネマトゥデイ)

岩井俊二監督作品ってこんな感じだよね

いやー感想が書きにくいwww

初っ端から主人公の七海は結婚するのですが、そこから徐々に物語はゆっくりと崩れていきます。

全体的にスモークのかかったような日本映画っぽい雰囲気で、さらっと流れていきます。岩井俊二の作品ってこんな感じだよね。って花とアリスしか観たことないんだけどさ。

テンポはよいです。
序盤後半に七海が家を出ていくことになったくだり以降は、派手な展開はなく、さらさらと物語が流れていきます。

七海と真白が後半、百合っぽい展開になってきたな~と思ったら、一気に急っ展開してびっくりでした。
リップヴァンウィンクルとは、花嫁とはなんだったのかは急展開後にわかります。

ラスト直前のシーンが、ともかくゴーンと頭をたたかれたような衝撃を受けました。悲しみってきっとこういう感じだね。

黒木華のもやっとする感じ

黒木華が演じた七海は、生徒や義母にいじめられて色々なものに翻弄されたあげく、芯がないというかどこか流されがち。ふわふわしているところが常に危なっかしくて、落ち着かない感じでした。

その控えめでもやっとした雰囲気をよく表していたと思います。ああ、こういう人が近くにいたら絶対イラッとしそうだ。

綾野剛がともかくよい

周りが綾野剛のことをどんなにかっこいいと言っていても全く同意できなかったのですが、ここの綾野剛はよい。
存在感があるというか、こういう癖のある飄々とした役でもさらっと自分のものにしてしまう綾野剛の役者力ってすごい。

彼、ラスト直前の超重要シーンで泣きながら脱ぐんですけど、ひきつけられました。ぎゅっと。

Coccoもよかったよ

彼女はものすごく目が強いのですが、その目から放たれる存在感がもう言葉にできない感じでした。
元々彼女にある見ていて感じるハラハラ感じやどこか見ていてつらくなるような雰囲気があるのですが、それを感じさせる狂気の艶感が更に光っていました。真白はCoccoしかいないよなぁ、というくらい役柄も合っていましたね。

 

ハッピーエンドではないけれど、なんとなく明るい未来が待っているような

ラストは決してハッピーな話ではないのだけど、未来が少し明るいような感じの終わり方でした。
3時間というかなり長い映画だけど、飽きずに観れましたよ。

スッキリしない感じの作品なので好き嫌いは分かれると思います。
岩井俊二監督と出演している俳優さん達の作り出す雰囲気を味わいたい方にはおすすめです。(あと綾野剛が好きな人)
わたしは結構好きです、こういう話も。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です