昆虫愛が半端ない!香川照之の昆虫すごいぜ

昨年10月にすごい番組が放送されたことを皆さんはご存知でしょうか。

その名も、「香川照之の昆虫すごいぜ」

どんな番組かというと、あの俳優香川照之が昆虫愛を炸裂させる番組です。

「僕はEテレで昆虫番組をやりたい!」…民放番組で熱い思いを訴えた男がいる。
俳優・香川照之。実際に会って取材をすると、子どものころから昆虫にどっぷりはまった“超”がつくほどの昆虫マニアだった───。

「自分は単に昆虫の変な生態が好きなんじゃないんです!本能のままにまっすぐに生きる昆虫の姿が最高にいいんです!」香川の熱い語りは止まらない。「ケータイまみれで時に自分を偽って生きねばならない子どもたちや、軟弱になったとか草食系とか言われる男子たちにそんな昆虫の姿を見せたい。人間は昆虫から学ぶことがたくさんあるんです!」…

そう、香川さんって昆虫マニアなんですね。
しかも引くくらいのレベルのマニア。

10月の放送をたまたま見たのですが、
自ら監修したカマキリの雌の着ぐるみを着て番組進行&実際に多摩川で何時間もかけてトノサマバッタを捕まえてるんですよ。

 

シュール、すさまじくシュール。

でも意外な香川さんの姿に、ちょっとほほえましくなっちゃったりしたのです。

そしてあんなすごい俳優さんの意外な一面を知って、なんとなく親近感がわいたのはわたしだけではないはず。

10月の回の様子はこちらに掲載されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

前置きが長くなりましたが、昆虫すごいぜ第2弾がEテレで5月5日9時から放送!

反響が大きかったんでしょうねぇ。だってインパクトすごかったもの。

香川さんのコメント
「虫を取る子供が減ってきていますが、ぜひご家族でこの番組を見て、みんなで昆虫を取ってもらえたらうれしいです。捕獲するのが難しいチョウもたくさんいて、奥深い世界なので、比較的簡単なモンシロチョウからハマってみてください」

そして昆虫スーツ、事前情報通り確かに改良されていました。
前回とのスーツの比較も番組内で行われていました。

今回はモンシロチョウ

今回も実際に草むらに出向いて、捕獲に挑戦していました。

しかも素手で

とは言え、モンシロチョウ以外の蝶は捕まえられるけど、肝心のモンシロチョウはなかなか捕まえられず、撮影から3時間後に大きな網を持ってやっとゲット!

 

そうか、羽の部分の模様で雄雌見分けるのですね…。

タガメを語る香川さんの目がヤバい

「タガメちゃん、ほんとに好きなのタガメちゃん」と力説!

11歳の時デパートで買ってもらってタガメを飼ったことがある香川さん。しかし、買ってすぐにタガメは逃げてしまったんだそう。

 

ちなみにタガメとは…

タガメは、カメムシ目・コオイムシ科に分類される昆虫の一種。日本最大の水生昆虫で、日本最大のカメムシ。 背中に高野聖が笈を負ったような斑点があるので「高野聖」とも呼ばれ、食用に用いる地方もあったが、現在は絶滅が心配される昆虫となっている

(出典:wikipedia)

今回も昆虫への愛が溢れすぎている番組でした

前回も香川さんのガチで昆虫が好きな姿に驚かされたのですが、今回も楽しませていただきました。
愛っていうのは、こういうことなのね。

 

見逃した方は再放送が5月7日0:40(6日深夜)から行われるそうです。
ぜひ香川さんの昆虫愛を感じてみてほしいですね。

Buzz Feed Newsにチーフプロデューサーの方のインタビューが載っていますので、合わせて見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です