iPhone用の360度カメラレンズPanoClipで不思議な世界を撮ろう

Panoclip

最近360度カメラやレンズが流行していますね。

旅行ブロガーやインスタグラマーの間で、360度カメラで撮影された写真がアップされているのをよく見かけます。

meg

わたしもスマホ用レンズはマクロとか広角などいろいろ買ってみたのですが、360度レンズは持っていない!

今回PanoClipというiPhone用の360度レンズをモニターさせていただきました。360度の不思議な世界を体験しちゃいましたよ!

PanoClipってこんな商品

PanoClip

3種類タイプがあって、iPhone7/8対応・iPhone7plus/8plus対応・iPhone X対応となっています。わたしのは、7plus対応です。

注意
箱の中に中国語と英語で書かれた説明書が入っています。文字が読めないからと言って捨てないように…。

PanoClip本体と袋

PanoClipがちゃんと入るサイズのしっかりとしたベロアの袋付きです。

360度で撮影をするため、前面・後面両方にレンズが付いています。

PanoClipの使い方

 

PanoClip

PanoClip

Shenzhen Arashi Vision Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

上記のアプリをDLします。

説明書

説明書に書いてあるQRコードを読み込んで、アクティベートします。

アプリを開いて、+ボタンを押して、シュートしますボタンを押すと撮影できます。

iPhoneの表面側に黒いボディが来るようにセッティングします。

こんな感じで画面が出ます。
カメラのシャッターを押すと2度目はこのようなアナウンスが出て、自動的にシャッターが切れます。

フィルターをかけると、こんな感じで色々な色に変化します。また、画面のスクリーンショットやステッカーもつけることができます。

カメラを外すとアルバム画面になり、アプリ上に保存されます。保存された動画をクリックして

右上2番目のニューロンみたいなアイコンを押すと保存でき、SNSのアップとiPhoneのアルバムに保存が出てきます。

PanoClipで撮影した様子はこちら

専用アプリで撮影すると、10秒ほどのミニ動画が出来上がります。
正直画質があまりきれいではないので、美肌フィルターをかけても気持ち程度です。

でも全体をぐるっと見渡した動画が撮れます。日常の風景よりも、旅行先やリゾート地での撮影がおすすめです。

これは思いっきりフィルターをかけまくった動画です。
ちょっとシュールですが、こういう使い方もアリかなと思います。

360°カメラ【PanoClip】公式サイトはこちらから

専用のアプリだとこんな感じで、結構個性的な視点のミニ動画が撮れるのですが、アプリを使わなくても撮影ができます。それが下記になります。

iPhoneの標準カメラに取り付けての撮影

やり方ですが、iPhoneのカメラを立ち上げてPanoClip撮影するだけです。

PanoClipで撮影した写真の作例

通常カメラの撮影で魚眼風に撮影

PanoClipの作例

スナップ代わりにあれこれ撮影してみました。球体になって映るのが面白い!!!

PanoClip作例2

お花とか自撮りとかいろいろ撮影してみましたが、写真で保存されるので、写真アプリでフィルターもかけやすいし専用アプリよりこちらの方が扱いやすいかもしれません。なかなか面白いです。

PanoClipを使用してみた感想

PanoClip作例2

個人的には、専用アプリを使っての360度カメラよりも魚眼レンズの方が気軽で画質もきれいだなと思います。

専用アプリの360度カメラ撮影も魚眼撮影も、日常よりもお出かけ先(旅行先)で撮影すると全体の様子がぐるっと分かって盛り上がりそうです。(特に海やお花畑などフォトジュニックな場所がよさそう)

スマホのカメラに付けることもあり、お天気が良い方が絶対に綺麗に撮影できますので、ぜひ晴れた日に撮影をしてみることをおすすめします。(最近お天気が悪くてな…)

PanoClipは、旅行に持っていきたい!

Panoclip

PanoClip自体小さくて持ち運びもしやすいので(保管袋も付いているし)旅行に持っていきやすいところが魅力です。

普通の写真に撮り飽きたら、PanoClipで360度カメラの不思議な世界を体験してみては?

360°カメラ【PanoClip】こ牛木サイトはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyrighted Image