コスパ良し!ニトリの珪藻土バスマット




集中しまくって片付けまくった甲斐あり、引越の片付けもほぼ終わりました!あとは玄関回りが終わればOK!日用品も大体揃ったところです。またガンガンブログを書いていきたいと思います。

結構断捨離をしたこともあるのですが、買い足さないといけないものも多く、その一つにバスマットがありました。思い切って捨てちゃったのですよね。バスマットといえば、気になっているものがありました。

そう、珪藻土バスマット

珪藻土バスマットは、珪藻土という土から作られたバスマット。タイルみたいな感じです。洗濯不要何度でも使えちゃうところが魅力!最近人気らしいじゃないですか。

珪藻土バスマットといえばやっぱりこれですよね。

soilの珪藻土バスマット!
オシャレなインテリア雑貨屋に結構な率であるアレですよ。

でも有名なこの子は、高い。
バスマットにそんなに払えないですわよ。

そこでニトリですよ。

お値段以上ニトリですよ。
例に漏れず、日用品はニトリのデコホームで結構購入したのですが、デコホームを見ていたらアレが売っていました。

 

珪藻土使用 バスマット(カイテキサラサラ 40X55) ニトリ 

安心の1,658円ですよ!

「これは噂の珪藻土バスマット!買ってみたい!」と夫に告げて、購入したのでした。

早速購入!!!

初めての珪藻土バスマットです。どきどき・・・。

【珪藻土とは】
藻類の一種で、珪藻の殻の化石からできる堆積物です。
無数にある肉眼では確認できないほどの小さな穴、「孔」による
自立呼吸で常に表面が乾燥し、カビの繁殖をしにくくします。

マット本体登場

小さい子どもならギリギリ二人、大人一人立てるくらいの大きさです。

水を吹きかけてみる

30秒後。
こんな感じで染み込みました。

 

珪藻土バスマットのメンテ方法

珪藻土バスマットは、何度も使うと皮脂汚れや吸水率が悪くなるそう。
そんな時に必要なのは、やすり

やすりでバスマットをこすると汚れが落ちるそうです。<参照

購入した珪藻土使用 バスマットにはやすりがついていました。

速乾&吸水性抜群!!!!というわけではないけれど

やっぱsoilの8,000円のマットに比べたら速乾性は劣ると思います。

濡れた!即吸収!!!とはいきません。

とは言え、1,658円で珪藻土マットがゲットできる&この速乾性はオトク!
乾くとサラサラになるところも清潔感があってよい!

特に、洗濯をしなくてもよいというのが、ズボラなわたしにはぴったりですよ。

使用後は、こんな感じで立てかけておいて乾燥促進させています。

8,000円マットはちょっと勇気がいるなぁと思う方は、まずはニトリの珪藻土使用 バスマットを試してみてはいかがでしょ。コスパバッチリですよ。

追記:3か月くらい使うと、水を吸い取りにくくなりますので、付属のやすりで表面を削ってあげましょう。一気に吸引力が回復しますよ。