今年は七草がゆで無病息災を目指してみよう




1月7日に食べるものといえば、七草がゆ。

自分で作ったことがなくて意外と食べる機会が少ないのですが、今年はチャレンジしたいなぁと思う今日この頃。

七草がゆっていつから始まったのかを調べたところ、その起源は平安時代から始まって、江戸時代に「七草がゆ」として正式に広まっていったそうです。ずいぶん昔からの風習ですね。

七草がゆって何のために食べるの?

じゃあ七草がゆは何のために食べるのでしょう?

  • おせち料理やお酒で弱った胃腸を休めるために食べる
  • 一年の無病息災を願って食べる

 

この二つの理由が有力です。

七草は早春に芽吹きます。
そのため生命力が強い葉が多く、邪気を払うエネルギーがあるといわれています。
このことから、七草粥を無病息災を願って食べるという風習ができました。

また、おせち料理は味が濃いため、七草がゆのすっきりした味わいは新鮮。
口の中がリフレッシュさせるためにも取り入れてみるのはいかがでしょうか。

七草がゆにはどんな具材が入る?

  • セリ
  • ナズナ(ぺんぺん草)
  • ゴギョウ(ハハコグサ)
  • ハコベラ(ハコベ)
  • ホトケノザ
  • スズナ(カブ)
  • スズシロ(ダイコン)

を入れます。

七草がゆの基本レシピ

七草がゆ作り方ですが、基本はとってもカンタン。

  • お米
  • 七草

があれば作れます。

ヨリメグ
めっちゃシンプル!
でも、現代人の舌にはそれだけでは物足りないかも…。

レシピサイトを見てみると

  • 味噌
  • 昆布だし
  • 塩麴
  • 醤油
  • お餅

などをアレンジ品として入れる方も多いようです。(参照:COOKPAD 七草がゆレシピ

定番の味もよいですが、口に合わなければ食べる気もなくなってしまいます。
味付けは各ご家庭でアレンジして、お好みに合わせた味を加えていくとよさそうですね。

いつ七草粥を作る?食べる?

仕込みは、1月6日の夜。
前日に七草を刻み、7日の朝に炊いた粥の中に入れて朝食に食べる
という方法が正しい食べ方だそうです。

カンタンに七草がゆを楽しみたいという方は…

料理はあまり得意ではない&味付けに自信がない方には、こんなものもおすすめです。

 

こんな感じのフリーズドライ商品も販売されています。
作り方はカンタン!おかゆにしたご飯の上にこちらを混ぜるだけ!

春の桜七草

こちらもフリーズドライ製品で、おかゆに混ぜるだけで作れます。
おすすめポイントは、塩漬けされた桜の花が入っているところ。
桜の花が入るだけで一気に華やかな食べ物に早変わりします。
通常の七草がゆはちょっと地味だなーと思っている女子にうれしいですね。

またフリーズドライ製品は、レトルトのおかゆを使うとさらに簡単に作れます。

手作りでもフリーズドライでも

七草は栄養分も豊富な草ばかりが使われています。
お正月で疲れた胃には、七草がゆの素朴な味は嬉しいはず。

ぜひお好みの味付けで、七草がゆを味わってみては?

わたしはこちらがかなり気になっています。
おせちも買うし、こってりしたお正月になりそうだから、あっさりした七草がゆでお口もすっきりさせたいね!