のびーる吸着泡!モッチスキンは保湿力高い洗顔料だよ

モチモチした泡で洗えるというモッチスキン

雑誌などで取り上げられて人気らしく、わたしも気になっていた今日この頃。トルコアイスみたいな感じなのかしら?気になるわーって思っていたら、モニターに当選!早速使ってみましたよ。

びっくりするほど伸びる泡!

こんなに伸びるモッチスキンですが、
成分は酵素・クレイ・はちみつ・高級オイルで名高いアルガンオイルが配合されています。

洗浄力は、青パパイヤ原産のパパイヤ酵素のパワー。汚れにのみ働きかけて、分解・除去するそう。そのため、肌への負担が少なく黒ずみが綺麗になるそう。

クレイは、沖縄産の貴重なマリンシルト。粒子が非常に細かく、毛穴の奥の汚れにも吸着するそうです。

成分

水、PEG-8、グリセリン、LPG、ステアリン酸グリセリル(SE)、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ポリアクリル酸Na、メチルプロパンジオール、塩化Na、エチルヘキシルグリセリン、カプリルヒドロキサム酸、二酸化炭素、パパイン、マルトデキストリン、水添ハチミツ、海シルト、スクワラン、アルガニアスピノサ核油、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイル乳酸Na、セラミドNP、フィトスフィンゴシン、セラミドNG、セラミドAP、ヒアルロン酸Na、バオバブ種子油、トコフェロール

泡がすごい!と実感

スプレーのような缶ボトルです。

ヘッドの形がちょっと変わっていて、ここから濃密な泡がもこもこと出てきます。

ワンプッシュするだけで結構泡が出てきます。もこもこもこ。

泡を触ってみると…にょーんと伸びます。伸びます。手の全体を使って触ってみましたが、とろけるような感触!!!

噴出された時点ですでに泡立っているので、泡立てネットで何度も泡立てる必要がないというのも時短派にはうれしいポイントです。

実際に洗ってみた感想

ずばり…水につけるとですね…なめこで顔を洗っているような感触です。モチっとしていたのに水につけるとヌルっとします。結構いっぱい出しちゃったのですが、ワンプッシュで十分利用できます。

モッチスキンの特徴は、モッチリ感。

肌に吸着する分しっかり洗わないとなかなか落ちません。

ささっと洗顔してスキンケアをして…という感じの使い方ではちょっと難しいかなと思いました。じっくり洗顔ができる時間を確保してから使うべきアイテムでしょう。

結構がっつり洗わないと流れないのですが、しっかり洗った割に乾燥しにくくしっとりしているのがすごいところです。

乾燥して寒い時期って洗顔したらすぐに保湿しないとあっという間に乾燥してしまいますが、「急いで保湿しなきゃ!!!」ってほど乾燥しないのです。

保湿成分にはちみつやアルガンオイル、バオバブオイルが使われているのですが、これらのパワーを実感しました。

1回30円で使えるよ!

モッチスキンは、ピンポン玉1個分の大きさの泡で60回分利用できます。
1本1,800円なので、朝晩1か月分使える量が入っています。

冬は乾燥しやすいから、汚れはしっかり落としつつなるべく保湿力のある洗顔料が欲しい

という要望にぴったり応えられる洗顔料ですよ!

▶▶モッチスキン公式サイトはこちら


Copyrighted Image