楽天マガジン・dマガジンを比較!雑誌読み放題サービスはどれがよい?

ここ最近は、雑誌を購入する機会はめっきり減ってしまいました。

その理由は…

雑誌は読むことは好き。だけど、雑誌を購入すると家の中でかさばるし、ゴミに出すのもちょっと面倒くさいなぁ…。

そんな風に思っているのは、きっとわたしだけではないはず。
雑誌自体を買うときは、よっぽど気になる特集がある時くらいではないでしょうか。

とは言え、「雑誌の情報」は、決してバカになりません。

週刊誌から始まって、ファッション、生活、モノマガジンなど、雑誌からたくさんの知識を得ることができます。

ここ数年、雑誌読み放題サービスが各社から色々リリースされています。
どんなものかというと、アプリ一つで色々な雑誌を読めちゃうサービスです。

端末一つでいろいろな雑誌が読めるので、かさばらないし手軽に読めるところが魅力。

雑誌読み放題サービスは色々ありますが、今回は特に人気がある

を比較してみることにしました。

それぞれをお試しして、比較した結果を載せてみましたよ!導入の参考にしていただければ嬉しいです。

楽天マガジンとdマガジンのスペック比較

まずは、スペック的なところからいってみましょう。

楽天マガジンdマガジン
雑誌数約200雑誌約200雑誌
値段380円(税抜)
3,600円(税抜)年間契約の場合
400円(税抜)
お試し期間無料で31日間無料で31日間
ポイント利用100円ごとに1楽天ポイント利用100円ごとに1dポイント
お気に入り機能ありあり
ダウンロード機能ありあり
ページのクリッピング機能ありあり
バックナンバーありあり
対応機種スマホ/タブレット/PCスマホ/タブレット/PC
利用可能台数5台5台+ブラウザ1台

値段は、多少dマガジンの方が高いのですが、掲載されている雑誌数やその他スペックはほぼ同じです。

また、どちらの雑誌もスマホ・タブレットのアプリ、またはPCビューワーで雑誌を読むことができます。

それぞれの雑誌の特徴をご紹介します。

楽天マガジンの特徴

楽天マガジンのポイント
  • ラインナップがともかく豊富
  • 趣味雑誌がたくさんある
  • 楽天ポイントが貯まる!
  • 年間払いをするとオトク!
  • アプリが見やすい

楽天マガジンは、ラインナップ豊富で趣味系雑誌もたくさん

雑誌読み放題サービスの一番大事な点は、読みたい雑誌があるかどうかです。

ランドネ 2017年 06 月号 [雑誌](付録:ランドネオリジナルはっ水ウォレット)世田谷ライフマガジン 61

楽天マガジンは、最近一気にラインナップが増えてきて、dマガジンよりも取り扱う雑誌が多くなりました。主要雑誌(ananや女性自身、penなど)売れている雑誌は一通りあります。

LDK the Beauty(エルディーケー ザ ビューティー) 2018年 06月号 [雑誌]Mart(マート) 2018年 05 月号 [雑誌]

最近ではライフスタイル系雑誌がかなり充実してきていまして、今まではdマガジンのみだったLDKやMart、家電批評、MONOQLOなどの雑誌も加わりました。@Premiumやクウネルなど、マガジンハウス系の雑誌も増えました。

CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2018年 5月号

また、特筆すべき特徴として、趣味系の雑誌が充実しているところ。

特に、アウトドア・車・スポーツ系の雑誌が豊富なので、これらに興味がある方にはおすすめです。ヨギーニやランドネなども入っています。

楽天マガジンのみの掲載
  • 紙の爆弾
  • ナチュリラ
  • mamagirl
  • Richesse リシェス
  • Come home
  • 実践障害児教育
  • Pre-mo
  • Baby-mo
  • Como
  • CHANTO
  • Modern Living モダンリビング
  • PLUS1 Living
  • エル・デコ
  • 田園都市生活
  • Daytona
  • 湘南スタイルmagazine
  • 世田谷ライフマガジン
  • Tokyo graffit
  • 日経ヘルス
  • ねこ
  • flick!
などがあります。

meg

エイ出版の「世田谷ライフ」や「田園都市生活」などが読めるので、対象地域に住んでいる方にはお得ですね。
また、プレモ・ベビモ・コモのママ向け雑誌がフルラインナップなので、愛読している方には楽天マガジンはよさそうです。

楽天ポイントが貯まる

楽天マガジンは、購読することで、楽天ポイントが貯まるところも嬉しいポイント。

また、年間契約すると3,600円になってさらに安くなるというところも大きな魅力ですね。(ただし、年間契約の場合は途中契約をしても返金はされませんので要注意)

楽天マガジン

\\楽天マガジンをお試ししてみる//

dマガジンの特徴

楽天マガジンのポイント
  • 定番系と週刊誌が多い
  • マガジンハウスの雑誌が多い
  • テーマに合わせた期間限定雑誌が読め、ムックも豊富
  • dポイントが貯まる

dマガジンはドコモのサービスですが、docomo以外のキャリアを利用している方でも利用可能です。

定番雑誌と週刊誌が多い

CLASSY.(クラッシィ) 2017年 05 月号 [雑誌]OZmagazine (オズマガジン) 2017年 06月号 [雑誌]

dマガジンは、いわゆる定番系や売れている雑誌が多くあります

どのジャンルも売れている雑誌が入っているのでバランスが良く、ライフスタイル誌のラインナップが豊富。特に、女性向けの内容が多いのかな?と思います。

また週刊誌の数が最も多く、14雑誌ほどあります。話題になっている事柄だけど、購入するほどではないなと思った時に読み放題サービスで観ることができるのはうれしいですね。

マガジンハウス系の雑誌が多数読めます。

& Premium (アンド プレミアム) 2018年 6月号 [花とスヌーピー。]BRUTUS(ブルータス) 2018年5/1号No.868[ソウルで見る、買う、食べる、101のこと。]

& Premium 、Brutus、ku:nelなどがあります。マガハの雑誌が好きな方にはうれしいですね。特にBrutusは、dマガジンのみ読むことができますよ!

季節やテーマに合わせたムックや雑誌を期間限定で掲載

OZ TRIP(オズトリップ) 2018年4月号 (OZmagazine(オズマガジン) 増刊)Hanako特別編集 1泊2日からの元気をもらう、週末旅。(マガジンハウスムック)

通常はラインナップにはない雑誌も期間限定で読むことができます。

GWが近ければ旅行、春はママ向けの雑誌、初夏はダイエットと美容など、その季節やテーマに合わせたムックと雑誌を読むことができます。タイムリーに読みたい内容を読めるところも大きな特徴です。

dマガジンのみの掲載の雑誌
  • 週刊文春
  • 週刊新潮
  • 週刊朝日
  • HERS
  • FUDGE
  • and GIRL
  • GISELe
  • with
  • NHK すてきにハンドメイド
  • 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
  • 月刊 山と渓谷
  • Brutus
  • LEON
  • OCEANS
  • 旅の手帳
  • 散歩の達人
  • 週刊ファミ通
  • いぬのきもち
  • ねこのきもち
  • B’s-LOG
  • つり人

などがあります。

dポイントが貯まる

楽天ポイントに比べると知名度が低いdポイントではありますが、マクドナルド・ビックエコー・ローソン・洋服の青山・牛角・ユナイテッドアローズなど、実はあちこちでdポイントが貯められたり使えます。

貯まったdポイントは、支払いに使用することができますよ。<詳しくはこちら


\\dマガジンをお試ししてみる//

楽天マガジンとdマガジンの画面比較

二つのマガジンの画面の比較をしてみましょう。iPadで比較してみました。

楽天マガジンの画面(iPad)

楽天マガジンのiPad画面

楽天マガジンは、とってもスッキリしたデザイン。
雑誌名は、雑誌のサムネイルで確認します。

上タブで雑誌のジャンルがあり、下に雑誌が並びます。かなり見やすいレイアウトです。

dマガジンの画面(iPad)

dマガジン、タブレットでの閲覧

ジャンルごとに縦に区切ってあり、該当ジャンルの雑誌が横一列に並びます。
人気雑誌TOP50から選ぶこともできます。

また、雑誌から選んだり、記事から選んで雑誌を読むことができます。

meg

新しい出会いがあるのはdマガジンのレイアウトかなと思いますが、ごちゃごちゃ感が強いのがマイナス。楽天マガジンは、反面表示がともかくシンプルですね。

dマガジンと楽天マガジン共通の雑誌

2マガジン共通で掲載されている雑誌も多数あります。一部ですがご紹介します。

  • サンデー毎日
  • 週刊ポスト
  • AERA
  • FRYDAY
  • BAILA
  • Marisol
  • Domani
  • Oggi
  • CLASSY
  • MORE
  • OZmagazine
  • オレンジページ
  • ar
  • FRaU
  • Hanako
  • サンキュ!
  • LDK
  • マキアージュ
  • サイゾー
  • 日経エンターテイメント
  • CAPA
  • 週刊ベースボール
  • 週刊プロレス
  • Number
  • ワールドサッカーダイジェスト
  • ル・ボラン
  • 週刊エコノミスト
  • 週刊東洋経済
  • 日経ビジネスアソシエ
  • MEN’S EX
  • GQ JAPAN
  • MONOQLO
  • DIME

二つのサービスは、共通する雑誌も多数あります。

各マガジンサービスの選び方

各マガジンともお気に入り・ダウンロード・クリッピングなど必要な機能はそろっています。

そのため、読みたい雑誌やジャンルが多いサービスを選びましょう。

ジャンル別・マガジンサービスのおすすめ

ざっくりですが、得意分野がこんな感じで分けられるかと思います。

楽天マガジン・dマガジン両方を使ってみた感想

dマガジンと楽天マガジンは、ラインナップには大差はありません。

ただ、普段読んだことない雑誌を読みたいと思ったら、楽天マガジンがおすすめです。私的になかなか読まない雑誌が多かったので、新しい発見がありました。

週刊誌が読みたい方は、dマガジンはたくさん週刊誌があります。dマガジンを読み漁ると大抵の週刊誌は網羅できます。

MEMO
dマガジンを一年続けましたが、dマガジンで読んでいたライフスタイル誌が楽天マガジンのラインナップに加わったこともあり、今は楽天マガジン(年間払いで払っちゃった)を利用中です。

美容室に導入という方法もアリ

(初期投資のiPadの手配が大変じゃないかと思いつつ)美容室にdマガジンや楽天マガジンを雑誌代わりに導入することで、雑誌代を節約できるし、お客さんが好きなものを読めるという利点があります。雑誌の廃棄代が無くなるので、これは良いアイディアですね!

雑誌読み放題生活は楽しいよ!

雑誌の束

3つのサービスをご紹介しましたが、どちらが良いとか悪いとかっていうことは全くなく

シンプルに「読みたい雑誌があるか・ないか」で決めましょう。

雑誌読み放題サービスの契約を始めてから、自分の時間がちょっぴり豊かになった気がします。

今まで読んだことのない雑誌を読むことで、自分の世界が広がりました。

meg

こんな商品があったんだ!この雑誌のココが面白い!なんて感じで、雑誌の魅力を再発見。まだまだ興味深い媒体だなと感じています。このまま続けて雑誌ライフを楽しみたいと思います♡

楽天マガジンdマガジンもそれぞれ特徴があり、色々な雑誌がリーズナブルに読めます。

どのサービスも31日間無料でお試しすることができますので、まずはラインナップをみて、自分の読みたい雑誌や興味のある雑誌のあるなしで選んでみてくださいね。

 

Copyrighted Image