初めてのキッズクッキング




今後お料理エッセイのお仕事をすることになりました。

打ち合わせの時に株式会社スタジオコーディ浜田先生のご提案で、
携わるスタッフの子どもたちとキッズクッキングをすることになりました。

初めてのキッズクッキング

うちは3歳の次男を連れてキッチンスタジオへ。
最初その話をしたときは、「できないからやだ!」と言って拒否されたのだけど、「一緒にしようよ、楽しいよ♡」と誘って口説いた今回のクッキング。とはいえ、料理なんて作らせたことないんだけど…大丈夫かな(どきどき…)

キッチンスタジオって初めて入った!皆さんとご挨拶をしてクッキングスタート。(そして相変わらず内弁慶な次男…)
うちの男子以外はみなさん2~3歳のかわいらしい女子でした。

たまごサンドイッチ

先生の説明を見ているうちに「みっくんもやりたい!早くやりたい!」と前のめり過ぎる男子。

 

パンの型抜きが楽しそうな男子。

卵の殻むきをする男子。

完成したよ!の男子。

ポテトサラダ

切って、混ぜてを繰り返すお仕事。
食べる!

魚になると…

「魚を素手でおろす」ということにチャレンジだったのですが、
男子ってば魚の血を見たら「血、こわい…」ということでやる気著しくダウン。
女子は強いなー!余裕でさばいてるよ。うちの男子…www

とはいえわたしも実は魚をさばいたことがなくて、初挑戦でした。

糸が切れてしまいグダグダになってきたところでタイムアップ。
2時間が限度か、男子よ。

カンタンなことなら手伝い可能!

とはいえ、次男がお料理をやってみたい!と意欲的にチャレンジして作業も割と早かったのは意外でした。
「男子は料理に興味ない」なんてわたしの思い過ごしで、
やる気を出す声掛けやカンタンなことから一緒にやるっていう工程を楽しめさえすれば子どもと一緒にお料理もそんなに難しくないかもしれないな。

忙しい平日はなかなか難しいけど、「卵のからむき」とか「きゅうりを切る」は土日とか時間があるときはぜひお手伝いさせたいなと思いました。いやはや貴重な機会でした!

浜田先生、スタッフの皆さまありがとうございました!