学研ひみつシリーズ『小4、塾を辞めたひみつ』

4月に塾に入った息子1。

週2回、2時間半というスケジュール。土曜日は迎えに行って夜ご飯を外で食べたりしたのですが、話し合った結果、引っ越しに伴い塾を辞めることにしました。夏期講習も申し込んでいたけれど、全部取り消しに。

でもね、夏休みはどう過ごせばよいのでしょう…。

これから塾に入る人も多いというのに、あえて辞めるという選択!完全に時代の流れに逆行しています。

というわけで、振り返ってみたいと思います。

小4、塾を辞めたひみつ

理由は主に3つです。

  1. 勉強は好きだけど、授業がうるさくて集中できない。
  2. 引っ越しで今と全く違う環境になるので、まずは環境に慣れることを優先!
  3. 塾よりも、今までやっていたチャレンジの方が楽しそうに勉強していた…。

 塾ってそんな感じなのかね。。。いやいやそんなことはないよね。。。

受験のことも考えて塾に入れました。
体験の時はよかったようですが、徐々にクラスの人数が増えていくにつれて、授業中の状況がひどくなったようでした。

「学校の方が静かに授業している。塾はうるさくて全然勉強できない。暴言吐いてくる子もいる…。」

ってさ!どうなのそれは!
塾ってそんなもの?ありえない状況…。
要望を出そうかと思ったけど、引っ越すしさ…(;’∀’)

そもそも大人数の塾には向いていないのかも

環境を整えないとなかなか集中できないタイプのようで、最近ヘッドフォンをして好きな曲を聴きながら勉強をするスタイルに変えたら、今までよりもずっと勉強への集中力がアップ。

うーん、そういうタイプ?一人で黙々とやる方が良い?

今までベネッセ 進研ゼミ 小学講座をやっていてiPadで勉強をするハイブリットタイプだったのですが、そちらをやっている方が楽しそうだったし、、、。

大人数で学ぶよりも、個別指導や少人数、自宅学習の方が向いているのかも?

ヨリメグ
なんとなくそうではないかと思ってはいたけれど、行ってみないとわからないところもあるし。。と思って通わせたのよね。もし今後塾に行くなら個別指導の方が彼にはよさそう。

「勉強は好きだけど、今の塾はちょっと嫌だ」

引っ越し先も今通っている塾の教室があるので通わせようと思っていたけど、まずは引っ越し先の環境に慣れることを優先させました。親も土地に慣れるまでは塾の送迎えが大変。親も子も「環境に慣れる・無理をしない」が当面の目標です。

その後の勉強はどうしよう?

というわけで、夏休み直前で塾は辞めてベネッセ 進研ゼミ 小学講座を復活予定。そ、そろそろ申し込まなきゃ!!

塾に入るかどうするか&中学受験の有無は、今後の様子を見て考えたいと思います。公立の雰囲気がよさそうなら、そのまま進学してもよいと思うし。臨機応変に、彼に合わせて選択したいところ。

子どもの適性に合わせることの大切さ

親がどんなにこれが理想!と思って環境を与えても、子どもに合っていなければ、なかなか思うようにいかないのだということを実感した事例でした。

みんなと一緒に励まし合いながら伸びていく子もいれば、一人で黙々と集中してやっていく方が伸びる子もいる。

というわけで、選べる・与えてあげられる環境は、できるだけ息子1に合ったものを与えてあげたいなと思った出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です