売上がアップする商品写真の教科書を読めば、ステキな写真が撮れそう!

半年ぶり位に写真関連の本をkindleで購入してみました。

売上がアップする商品写真の教科書 (玄光社MOOK)

売上がアップする商品写真の教科書

写真関連の本は結構持っているので新しいものが出てもそうそう買わないのですが、こちらはお試しで読んだ時によさそうだったので購入してみることに。

内容はこんな感じです。

  • 序章 撮影に必要な機材
  • 1 章 目的別実践テクニック
  • 2 章 訴求イメージを強調する写真編集
  • 3 章 プロの仕事とネットショップの実例
  • 4 章 撮影の基礎知識
  • 5 章 ライティングの基礎知識

売上を上げたい人のための商品写真の撮り方が書いてある

こちらは売り上げをアップするための写真撮影の方法を伝える本なので、
オシャレな写真を撮ろう♡的な本よりも本格的な内容です。

三脚の選び方から照明の種類・撮影にそろえたいアイテムなどきちんと載っています。

結構こういうことを書いてある本って少ないんですよ、実は。構図に関しても、写真と文章で細かく解説がされています。

特に料理と人物撮影の方法が細かい

大きな商品・洋服・ガラス製品など、ちょっと撮影するのにコツがいるものの撮影方法が載っています。

また、著者が料理やスイーツ・そして人物撮影を得意とされる方のこともあって、
特に料理の撮影とスタイリング、パターン別の人物撮影に関しては特に細かく載っています。

メニューに掲載する際の写真の撮り方や、スイーツを可愛らしく撮るなど、料理系の内容のボリュームが結構あるので、お料理系のお仕事をされている方は特におすすめです。

ヨリメグ
料理の撮影って、料理ができてすぐにスタイリング&撮影しないとソースが染み込んでしまったりふやけたりして難しいんだよね。だからコツが載っているのはすごくいいなと思いました。

人物撮影は、仕事の現場写真やインタビュー写真、企業イメージの肖像などが掲載されています。

写真編集の方法もざっと取り上げられています

写真編集の方法も、必要な機能が載っています。

写真撮影をしたらレタッチも必須なのですが、ソフトを持っていなかったりやり方を知らない方が多いです。

写真編集は、ちゃんと書けば本一冊出せちゃうレベルになっちゃいますが、最低限必要な昨日をピックアップして紹介しているのは分かりやすくて良いと思いました。

ライティングについても載っている!

ライティングについて載っている本は専門的な本が多いのですが、こちらの本でもライティングについて触れています。

手作りで作れるレフ板の作り方や照明の組み方、特殊ライトでの撮影などが載っています。

撮影器具を使っての撮影は、お仕事関係の商品撮影でないとなかなか行わないものですが、必要な時にできる&道具をそろえられるように知識を持っておくとよいのかなと思います。

商品撮影に関してぎゅっとまとまっている一冊

撮影・スタイリング・カメラの基本知識・写真編集・ライティングというように、必要な知識が一冊にまとまっている一冊です。
スタイリングのアイディアを参考にするだけでも十分価値があります。

ヨリメグ
わたしは、レビュー記事書くときのスタイリングに役立てたいなぁ。
せっかく写真を撮るなら綺麗にスタイリングした方が見た人もわたしも楽しいもの!

写真撮影を自分たちで行わないといけない会社・個人事業主の方に特におすすめですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です