買いたくなる撮り方のコツがわかる!インスタグラム商品写真の撮り方ガイドを読んでみたよ

インスタグラム商品写真の撮り方ガイド

オシャレな写真を撮りたいけど、スタイリングって正直難しい。

ものによって映えるスタイリング方法は違うから、撮影したいテーマ別に見本があると嬉しいですよね。

利用しているストックフォトサービスのスナップマートさんがインスタ向けの商品の撮り方本を監修したとのことで、購入してみました。

「商品を売りたい人」に特におすすめの本ですよ!

「インスタグラム商品写真の撮り方ガイド」は商品写真を上手に撮りたい方向けの本

「インスタグラム」と書いてあるのですが、インスタに特化している内容というわけでなく、商品写真をおしゃれに撮りたい人向けの指南書です。

インスタの拡散、ブランディングに必要なタグ付けとかウォールの作り方はさらっと載せていいる程度で、メインは商品写真の撮り方に特化した書籍となっています。

使っているシーンが想像できるような写真を撮ろう

何か物を買うときは「これを買ったらこういうシーンで使うかな?」って考えながら、自分がその商品を使うところを想像して購入していませんか?わたしは想像して購入するタイプです。

そんなわけで写真も、使っている写真や使いたくなるイメージの写真を撮ることで購買意欲につながるんですよね、やっぱり。

meg

…でも、わかっていても、実際に撮影するとなるとなかなか難しい。

カタログのような物撮り写真だけではなく、イメージカットのような写真を撮れる人が企業で引っ張りだこになっているのはって、オシャレ感がある購買意欲をそそるようなカットが撮れることが大きな理由なのかなと思います。

様々なパターンの撮影サンプルがあるので参考になる

どんな写真を撮ればいいのかわからない人がぜひチェックしたいのが、アイテム別の作例。

雑貨・コスメ・花・服・食事など、撮影することが多いものの撮影方法が載っています。

特に参考になったのは洋服で、「あえて後ろから&スナップのように撮影」とか「逆光でエモく」とか「折りたたんで」など、商品は目立つけど主張しすぎない雰囲気写真のようなカットで撮影するという点がすごくびっくり&意外でした。

まずは真似してコツをつかもう

ステキな写真を撮りたいと思ったら、本に載っているような雰囲気で配置してみるとよいのかなと思いました。

配置って、ちょっとずれているとそれだけで不快に感じるもの。

なので、

  1. まずは本の真似っこをする
  2. 撮りたいもののスタイリングに慣れる
  3. インスタやピンタレストなども見て、自分なりに別の撮り方(スタイリング)を試す

これを繰り返していくことでステキな写真が撮れるはず!

インスタグラム商品写真の撮り方ガイドはこんな方におすすめ!

商品写真に特化した本なので、特にこの本を本当に読んだ方が良い人は、

  • ショップ・飲食店を営んでいる方
  • 自社の製品写真を自前で撮りたいメーカーさん
  • 企業の商品写真を撮りたいカメラマン志望の方
  • 紹介した商品をステキに見せたい・売りたいアフィリエイター・ブロガー
  • 自分の好きなものをかっこよく撮影したいインスタグラマー
  • ストックフォトをしている方

あたりがおすすめです。

meg

ブロガーなわたしには、写真撮影は切り離せません!写真撮影の際ももっと考えて撮影しようかな…と思いました。

売りたい・PRしたい商品があって、買いたくなるような写真を撮りたい方は、「インスタグラム商品写真の撮り方ガイド」は必見ですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyrighted Image