インスタ映えアイテム!写真背景素材ムック、Flatlay Sheetでオシャレ写真を撮ろう

食べ物や小物の写真撮影をするときによく利用するのが、背景シートやスタイリングボード。

収集癖も相まって、シート・布・ボードなど色々な種類のものを持っているのですが、今回「背景シートがたくさんついているムック」を見つけちゃいました。

それがこちら、Flatlay Sheet (フラットレイシート)です。

オシャレ写真を撮りたい方・写真背景を探している方におすすめのシートでした!

持ち運びもカンタン!Flatlay Sheetのシート

Flatlay Sheet本誌

Flatlay:平らな場所にものを並べて映える形でスタイリングした状態のことです。

オシャレな雰囲気漂う本ですが、中身はほぼシート。

記事は、おすすめアプリと撮影サンプルが載っています。
一度目を通しておくとよいでしょう。

22柄・32枚のシートが入っています。
(何故32枚なのに22柄というと、いくつかの柄は同じ柄が2枚入っています)

本にシートがくっついているので、切り離します。

シートの裏と表は違う柄になっています。
大理石風のものやシンプルな柄が特に使えそう。カラーのものやイラストなど色々ありました。

実際にシートを使って撮影してみました

Flatlay Sheetのシートを使ってみた

こんな感じで、主に平面において利用するとよいでしょう。

Flatlay Sheetのシートを使ってみた

小物ならこんなかんじで立てて撮影しても、見切れません。

紙を重ねるのもアリ

Flatlay Sheetのシートを使ってみた Flatlay Sheetのシートを使ってみた

紙を重ねて使ってみました。
単色の組み合わせや単色×柄も色を合わせれば、こんな感じで統一感が出るかなと思います。

Flatlay Sheetのシートを使ってみた

白テーブルを生かしたシートの使い方はこんな感じでしょうか。意外とボーダー&ストライプって使いやすいかも!

Flatlay Sheet使い方の応用

高さのあるものを撮影したいときの方法です。

壁にテーブルをくっつけて、シートを貼り付けます。
貼り付けるテープはマスキングテープなど粘着力が強くないものの方が良いでしょう。

こんな感じで立てた状態でも撮影することができますよ。

Flatlay Sheetのシート、めっちゃ使えます!

Flatlay Sheetのシート

紙のシート&A4サイズなので、ちょっと小さいかなと思っていたのですが、思った以上に使えました。

その理由として、

  • 柄や無地など種類が豊富
  • 小物を撮るならA4でも十分いける
  • 同じ柄を組み合わせれば大きいものでも使える
  • 紙に厚みがあって折れにくい

「A4の紙だと持ち運びが楽」というのは盲点でした。定形外の封筒に入れて管理しています。

気になるお値段ですが…

これで、540円ですよ!
これで、540円ですよ!
これで、540円ですよ!

安すぎません?

100均でスタイリング用に和紙を買うよりも全然安いです。

撮影被写体が小さめのものが多いのであれば、購入して損はなし!撮影の幅が広がるスタイリングシートですよ。

meg

第二弾・第三弾出たらまた買うよ!期待しています!

Copyrighted Image