dマガジンのラインナップが神!読みたい雑誌が盛りだくさん




契約していると超便利な雑誌読み放題サービス。
週刊誌・女性誌・ライフスタイル誌・趣味系雑誌などなど色々な雑誌が端末一つで見ることが出来ちゃいます。

4月から始めた電子マガジン生活。
楽天マガジンdマガジンの両方をお試ししていましたが、最終的に契約したのは

ずばりdマガジンでした。

dマガジンがどんなサービスなのか、ご紹介したいと思います。

dマガジンの基本スペックをおさらい

dマガジン
雑誌数 約200雑誌
値段400円(税抜)
お試し期間無料で31日間
ポイント利用100円ごとに1dポイント
対応機種スマホ/タブレット/PC
利用可能台数5台+ブラウザ1台

dマガジンの特徴

dマガジンの特徴についてカンタンにまとめてみました。

 

dマガジンの特徴
  • 人気雑誌がたくさん読める&バックナンバーや特別増刊号も読める
  • 月額料金が安い
  • 5台+PC1台まで利用できる
  • dポイントが貯まる

シンプルにこの3つがdマガジンの特徴です。

400円(税抜)で人気雑誌が180冊読めるってめっちゃお得なのです、お得なのです!一冊雑誌買うよりも安い!
しかも、読める雑誌が読みたい雑誌ばかりなのです。

どんな雑誌があるのか、掲載雑誌ラインナップをご紹介します。

人気の雑誌がたくさん読める

掲載雑誌がともかくいい感じ!読みたい雑誌が揃っているのがdマガジンの強みです。

掲載雑誌を載せてみました(2017年10月)

ニュース誌・週刊誌

サンデー毎日/週刊女性/週刊文春/週刊朝日/週刊SPA/週刊ポスト/週刊現代/ニューズウイーク日本版/FLASH/AERA/週プレ/女性自身/女性セブン/FRYDAY/週刊新潮

 

女性ファッション

JELLY/mer/GINZA/HERS/BAILA/and GIRL/FUDGE/VERY/S Cawaii/Presious/Marisol/LEE/STORY/Domani/Seventeen/Oggi/CLASSY/GISELe/ with/MORE/25ans/VOGUE JAPAN/エル・ジャポン/CamCan/JJ/Ray/ViVi/SPUR/GINGER/フィガロジャポン/mina/non-no/ハーパーズ・バザー

 

女性ライフスタイル

anan/GOSSIPS/ 美ST/オレンジページ/3分クッキング/日経ヘルス/ひよこクラブ/ar・FRaU/クロワッサン/ OZmagazine/ESSE/CREA/Hanako/家庭画報/サンキュ!/婦人画報/Mart/LDK/レタスクラブ/美的/VOCE/マキアージュ/NHK きょうの料理/NHK すてきにハンドメイド/上沼恵美子のおしゃべりクッキング/日経ウーマン/Oz MagazinePLUS/&Premium/ku:nel

 

お出かけ・グルメ

週刊東京ウォーカー+/ 関西ウォーカー/ 横浜ウォーカー/東海ウォーカー/福岡ウォーカー/北海道ウォーカー/おとなの週末/月刊 山と渓谷/ワイン王国/旅の手帳/dancyu/エル・グルメ/散歩の達人/東京カレンダー/CREA Traveller

 

エンタメ・趣味

サイゾー/週刊Gallop/日経エンターテイメント/いぬのきもち/ねこのきもち/つり情報/ 週刊ザテレビジョンプラス/週刊ファミ通/電撃Play Station/PASH!/アニメディア/ 歴史人/ ダ・ヴィンチ/パチンコ必勝本CLIMAX/パチスロ必勝本/つり人/ディズニーファン/JUNON・SCREEN/NHK 趣味の園芸/鉄道ファン/CAPA/DVD&ブルーレイでーた/日経おとなのOFF/プレジデントファミリー/趣味の文具箱

 

スポーツ・車

週刊ゴルフダイジェスト/週刊パーゴルフ/週刊フットボリスタ/週刊ベースボール/週刊プロレス/サッカーダイジェスト/Number/Mr.Bike BG/ベストカー/ワールドサッカーダイジェスト/アルバトロス・ビュー/RIDERES CLUB/CARトップ/GENROQ/ル・ボラン/スマッシュ/RUNNING style/Tarzan/B-Pel/BiCYCLE CLUB/NALU

 

ビジネス・IT・国際

週刊アスキー/ 週刊エコノミスト/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済/日経PC21/PRESIDENT/ SAPIO/日経マネー/COURRiER Japan/Mac Fan/日経ビジネスアソシエ/ダイヤモンドZAi/WIRED

 

男性ファッション

2nd/Men’s JOKER/MEN’S NON-NO/MEN’S EX/GO OUT/ LEON/ UOMO/OCEANS/ GQ JAPAN/メンズクラブ/street Jack

 

男性ライフスタイル誌 

MONOQLO/DIME/Pen/Begin/BRUTUS/Hot-Dog PRESS/サライ/HUNT /CASA BRUTUS/GoodsPress/Discover Japan/Ligitning/男の隠れ家/デジモノステーション/日経トレンディ/GOETHE/Get Navi//家電批評

最近の新雑誌

&Premiumやku:nelなどのマガジンハウス系雑誌が続々入っています。

ヨリメグ
個人的におすすめなものは、BRUTUS、ダ・ヴィンチ、and GIRL、ESSE、MART、LDK、MONOQLOかな。&Premiumに関しては、dマガジン独占ではないでしょうか。これらを読むために購読するのもぜんぜんアリアリですよ

スマホ・タブレット・PC、どのツールからも読める!

上記のように3種類から読むことができます。

個人的におすすめなのは、タブレットでの閲覧

ミニサイズで持ち運びができるのでまさに電子雑誌という感じで使いやすいです♡
スキマ時間にちょっとチェックしたい場合は、スマホという感じで使い分けてもいいかもしれないですね。

バックナンバーもあり。

雑誌読み放題サービスにあるのが、バックナンバーと配信期限。
この配信期限は雑誌によって違います。

週刊誌は1か月分、ファッション誌2か月分など、旬の内容を取り扱っているは配信が短めです。
その代わり、生活の知恵などのライフスタイル誌に関しては、一年分のバックナンバーがある雑誌も。

お気に入りの特集や記事はクリッピングで保存

配信期限が切れた雑誌は読むことができませんが、気に入った記事を「クリッピング」しておくことで期限が切れても読むことができます。

スマホやタブレットで雑誌を開き雑誌のメニューボタン右のクリッピングボタンを押すと、クリッピングができます。カンタン!
全部で100件までクリッピングできます。

雑誌のダウンロードが可能

dマガジンでは、オンラインでの購読とダウンロードして読む方法の2パターンあります。

雑誌紹介のページでダウンロードをして読むことができます。
こんな感じで、雑誌を選んで雑誌紹介の項目を押すとファイルサイズとダウンロードボタンが出てきます。

ご覧の通り結構容量がありますので、ノーWi-Fi環境でダウンロードすると悲惨なことになります。
ダウンロードするのであれば、Wi-Fiの環境をおすすめします!

読めないページももちろんあります

著作権や肖像権などの問題で、読めないページもあります。

広告とかはこんな感じで表示されていることも。
ジャニーズのタレントは、ネット上の扱いと同じで、白抜きシルエットになっています。

ヨリメグ
ジャニーズ系は、こんなにシルエットばっかりなら、載せなくてもよいのでは?と思う記事もたまにあるよ。週刊誌とか。

よくある読めない内容は、袋とじ・サブの特集・別冊あたりです。
これ読みたいな~と思っていたサブの特集がなかったということもあります。半面、「別冊の内容まで読めるの?!わーい!」ということもあり、雑誌によって様々です。

31日の無料お試し期間の間に、お目当ての雑誌がどれくらい読めるのかチェックしておくとよいでしょう。

▶▶dマガジン 31日間無料トライアル実施中!

ドコモのユーザーじゃなくても加入可能

dマガジンは、docomoユーザーじゃないと加入できないと思われがちですが、どなたでも利用できます。

ただし、登録時に「dアカウント」というdocomoのアカウントが必要になります。
アカウントを作っておくと、dTVやdデリバリーなどのd系のサービスが利用できるようになります。

dマガジンの解約方法

dTVの解約は、docomo公式サイトのマイページから解約ができます。
また、「よくあるお手続き」からも行うことが可能です。

実際に使ってみて気づいたこと

dマガジンを実際に使って気づいたことを書いてみたいと思います。
思ってもみなかった雑誌が重宝したりしました。

週刊誌のラインナップが多いのは意外と嬉しいかも

女性自身 2017年 7/4 号 [雑誌] SPA!(スパ!) 2017年 7/4 号 [雑誌]

普段女性週刊誌を立ち読みすることがあるのですが、自宅でざっと週刊誌が読めるのはなかなかいいです。週刊誌ってコンビニで立ち読みするのってちょっと恥ずかしい(今むしろ立ち読みができなくなっているコンビニも多い)ですし。特にSPA!は露骨なタイトルが多いですよね。汗

女性自身くらいならまだいいのですが、SPA!とかはちょっと立ち読みに抵抗ある時あるじゃないですか。dマガジンは、週刊誌のラインナップが豊富なので、一通りざっとチェックしている自分がいます。

男性向けのモノマガジン誌を読むようになった

DIME(ダイム) 2017年 08 月号 [雑誌] MONOQLO(モノクロ) 2017年 08 月号 [雑誌] 家電批評 2017年 07月号 [雑誌] 

男性のモノマガジンって結構骨太な印象だから立ち読みすらしないことが多かったのだけど、dマガジンにあるから、ちょっと読んでみようかなって思うんですよ。で、読んだら面白い。

特に家電系は今買い替えや新規で買おうと思っているものがある状況なので、すごく興味深いです。女性のモノマガジンと違ってスペック重視だったりして雰囲気が全然違うので、その違いを味わうのも楽しみの一つです。

お気に入りの雑誌ができた!

雑誌LDKのアイテム紹介が超役立つ!

2017.04.29

個別で記事も書いたくらいなのですが、今まで読んだことなかったLDKが私的に大ヒットでした。
女性版のモノマガジンで、家電から日用品のレビューが載っているのですが、これがなかなか面白い。購入の参考になります。毎回発売するたびに楽しみになりました♡

あとは、Martでしょうか。
よく特集される100均雑貨の使用アイディアはかなり使えます。

また、最近& Premiumが読めるようになりました 。
定期購読できるようになったのは嬉しいですね。自宅でゆっくり見ちゃいます。

わたしの使い方

ヨリメグ
とりあえず雑誌の内容の更新は、毎日チェック!

あえて雑誌をダウンロードして読むことはなくて、自宅などWi-Fiがある環境&時間がある時に、のんびり自宅で読んでいます。通勤時間が長い人は、通勤時間にダウンロードした雑誌を読むというのもよいかも。クリッピング機能は意外と使わないなぁ。読み返せる期間に何度も読み返す感じです。

432円で毎日の生活が豊かになった!

気になっていた雑誌、読みたかった雑誌を超リーズナブルな値段で読むことができるというのは、わたしにはかなりよかった♡

ネット社会と言われていますが、ネットにある膨大な情報の中から自分に必要なモノコトの選択をするってカンタンなようで難しいことです。

ロボット掃除機一つとってもたくさんあってどれを選べばいいのかよくわからない!
無印の食材もいろいろあるけど、どれが一番おいしいのかなんて口コミ調べるのは大変!

でも雑誌があれば、「雑誌で紹介している」「おすすめしている」という判断の物差しを得ることができます。

なにより、雑誌って結構面白いものが多いんだなって再発見ができたことが、自分の中で大きなプラスです。読みたい雑誌が増えました。

「あの雑誌の発売日がもうすぐだな」とか「この雑誌の特集が面白かった!」「紹介しているものを買いたい」そんな気持ちにさせてくれるのが、dマガジンです。

31日間無料お試しもできるので、気になる方はチェックしてみてくださいね!