大人も子どもも適度な距離が必要




学童保育が終わって、初めての夏休み。
引っ越しも相まって夏休みまるまる息子1と一緒に過ごすという状況に。

夏休み開始から、一か月。

ヨリメグ
あ、わたし結構ストレスたまってるなー

家族といるのはもちろん好きだけど、自分一人の時間も大切。
外で、一人のんびりお茶を飲む時間がここ1か月全く取れていないことに気づきました。

終わって気づく学童保育の有り難さよ。

通っているときから感謝していたけど、終わってみるとますますその存在の大きさを実感するね。メンタルもハードも。優しく見守ってくれる頼りになる指導員の先生方が恋しいよ。

子どもと四六時中一緒にいるって結構疲れる。
特に5歳児はいまわんぱく盛りで言っても聞かないし怒るし。

母さんちょっと疲れたよ…。

ヨリメグ
ねーねー日曜日一人で出かけてきてもいい?
パパ
もちろんいいよー。定期貸してあげるから好きなところに行ってゆっくりしてきなよ

よっしゃ!というわけで、一人でふらっと出かけてきました。

ふらっとバス&電車の旅へGO!

そんなに遠くへ行く気はなかったので、バスや電車で行ける範囲の街にふらふら一人旅。
ああ久々だ!久々!

初めて来たよ、千歳烏山駅。

久々の仙川駅は、いつ来てもおしゃれだねぇ。

  • 街歩き
  • ランチ
  • 買い物
  • おやつ

これだけでリフレッシュできるというものですよ。

ベトナムランチなんて、子ども連れじゃ行けない(辛いもの食べないから…)

翌日、帰省で10日ほどお休みしていた息子2の保育園を登園再開。

朝は、「ママと一緒にいたいなぁ」なんて言っていたけれど、お迎えに行ったらとってもご機嫌にっこにこ。

「ほいくえんたのしかったよ!」ととても穏やかな表情をしていました。家に帰ったら、最近買った観葉植物のお水をあげたり、にこにこしてご飯を食べている姿を見て、、、

ああ、近すぎても遠すぎても親子関係はうまくいかないのだなと感じたのです。

大人も子どもも適度な距離が必要

子どもが小さい期間は短いし一緒にいることが一番と思いつつも、実際そうしてみると、そんなこともないなと感じます。

  • 親と一緒にいることで、甘えすぎてわがままになる
  • 言葉遣いが悪くなる

他人の目がない、他人と接しないことで生じるデメリットは意外と大きいのかもしれません。

ヨリメグ
特に息子2は、0歳から保育園に行っていたこともあり、適度な距離が必要なのかもしれない。お互いに。息子1の方が一緒にいる時間が長かったけど、彼は年齢的に息子2よりは楽である

親子関係によって、どのくらいの距離がちょうどいいかは変わってくると思います。
でも、うちはきっとべったりいるのは連続3日が限界。

そのことを全然恥じる気持ちはなくて、
お互いに適度な距離がある方がうまくいくなら、それでいいと思うのよね。

わたしがまず笑顔でいることが一番。
自分の気持ちがフラットでいることが、家族の幸せにつながると思うのです。

そんなわけで、夏休みもあとわずか。
適度な距離を取りつつ楽しみたいと思う今日この頃です。