子どもと一緒に!どうぶつしょうぎで遊ぼう

息子1は、学校でボードゲームクラブに入っています。

クラブ活動があったとのことで、「オセロしようよ」と言って食事後夫とオセロ対戦。その様子を見ていた息子2(4)が、「どうぶつしょうぎしようよ」と誘ってきました。

結構前に一度やったきりだったのだけど、よく存在を覚えていたなぁと思いながらセッティング。久しぶりにやってみました。

どうぶつしょうぎとは?

どうぶつしょうぎは、3×4の盤面を用い、駒の動きを簡略化した将棋類である。主に将棋が普及していない世代への将棋普及のために、女流棋士の北尾まどかがルールを考案し、同じく女流棋士の藤田麻衣子がデザインした。2008年、その2人が所属していた日本女子プロ将棋協会(LPSA)が発表して人気となった。(出典:wikipedia

駒は、ひよこ・ぞう・きりん・らいおんの4種類。
ひよこは相手の陣地に行くと鶏に進化します。

駒の動かし方は、それぞれの動物の絵にかいてある動き方が可能です。(ex.ぞうなら、斜め前左右・斜め後ろ左右)

ちなみに、どうぶつしょうぎは息子1が保育園時代年長クラスに置いてあって、クラスで対戦していたようでした。家でも買おうかということで、数年前に購入したのですが、あまり稼働することなく…久々の登場となりました。

意外と勝負が決まらない

4歳だしまだやり方を理解しきれていないので「ここに置くと取られちゃうよー」という感じでやり方を教えながらやっていくのですが、何度か教えていると知恵がついてくるのよね。

「ここに置くと取られちゃうから下がるの」というように、相手の動きを考えて手を打ってくるようになります。

一生懸命考えている息子2がこれまたかわいいんだな。母は胸キュンなんだな♡

どうぶつしょうぎいいかも!

藤井聡太四段で最近再び注目を浴びている将棋ですが、小さい子どもには入門編として「どうぶつしょうぎ」はぴったりではないでしょうか。駒が少ない分シンプルで覚えやすいし、

  • 相手の動きを考える
  • どうすれば勝てるか考える

という点で優れている!いい頭の運動になるなーと見ていて思いました。

オセロもそうだし、ボードゲームってやっぱりいいよね。大人も楽しめるので、4~6歳くらいのお子さんがいるおうちは、ぜひ一緒に遊んでみてください。意外と考えてるんだなー!ってちょっと感動しちゃいますよ。

一番シンプルなものはこちら。

ここ最近は、レベルアップしたものもあるようです。びっくり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です