Abema TVで72時間ホンネTVを観てた連休




2日から、ちょこちょこ元SMAPの3人が出演するAbema TVをちょいちょい見ていました。

嵐の方が同世代なのだけど、やっぱり10代観てきたものは心に焼き付くらしい。SMAP全盛期を間近で見た世代なので、何故か気になる存在のSMAP。

去年から起こった解散騒動は一通り目を通したし、新しい地図関連の情報も結構チェックしていました。

そんなわけで、「あ、今日からだったなー」と見始めたホンネTV。
何故これを…という内容もあれどあまりチャンネルを変えることなく、最後まで観ることができたのはなんだか清々しい気分。

放送中にグダグダで〜とか、既存のテレビと変わらないなんて感想を見ました。

その意見にはささやかに反抗したいです。
何気なく見続けられるというのは、実はクオリティが高いのではないかと思っています。

なんとなく目が離せないってすごいことではないでしょうか。

ネットTVとは言え、72時間同じタレントが画面をジャックすることは大きなチャレンジだし、ジャニーズという大きな事務所を離れても、沢山の人が応援してくれること、3人が元気に活動していくんだという決意のようなものを見せるための番組なのではないかと思っています。

そして、森君の最後のコメントに涙腺が刺激されたのはきっとわたしだけではないはず。

ヨリメグ
個人的には、Abema TVが思ったよりもいいコンテンツが多そうで、定期的に観てみたい

Abema TVは革命を起こしたのかどうかはよくわからないけど、熱狂的ファンのいる人気アイドルが新しい活動の場をネットに求めて、企画は成功したっていう事実はきっと大きいのだろうなと思います。たぶんきっと、メディアは視聴者ともっと近い位置にいないと支持されないということが浸透していくのではないでしょうか。

今週のAERAに今回の72時間ホンネテレビ直前のインタビューが載っているらしいです。

dマガジンを購読しているので、明日には配信されるかしら。楽しみです。
そんなわけで、3人の今後の活躍もネット配信の可能性も楽しみな今日この頃でした。