どうする中学受験?!小4の春は進路のお悩みでいっぱい




息子1、保育園時代のお友達とお花見をしてきました。

年少から入った保育園なので、今年で7年目のお付き合い。子どもたちも今年度で4年生。なんだかあっという間で目まいがしそうです。

話題は、小学校のことや習い事、お互いの学校のことなどなど、そして中学受験と塾
はい、塾ですよ、中学受験ですよ。いよいよそういうことを考える時期になってきました。

私立と公立はどのくらい金額が違うのだろう???

こういう時、All  Aboutって便利ですね…。載っておりました。

公立中学校の学習費総額

まずは公立中学校で、一年間に平均してかかるお金の合計と内訳を見てみましょう。
合計 48万1841円

  • うち学校教育費     12万8964円
  • うち学校給食費       3万8422円
  • うち学校外活動費  31万4455円

私立中学校の学習費総額

私立中学校で、1年間に平均してかかるお金の合計と内訳は次のとおりです。

  • 合計 133万8623円
  • うち学校教育費   102万2397円
  • うち学校給食費       4154円
  • うち学校外活動費  31万2072円

(出典:All about 公立・私立中学校でかかる学費

3倍かぁ、3倍。
しかし、公立には中高一貫校という選択肢もあります。

問題は、倍率が高くて試験が特殊という点でございます。

どうする中学受験?!

わたしは田舎に住んでいたので、中学受験をする人なんてほとんどいなかったです。学年に3人くらい。
そんなこともあって、東京の中学受験熱がイマイチピンときません。

しかし、住まいは東京23区で、中学受験が多い地域。「よくわからないから、調べない」はさすがに適当というか、無関心すぎると思うの。郷に入れば郷に従え。

ということで、子育ての先輩たちにお話を伺ってみました。

うちは中学受験はしないと言っていたので、高校受験だったけど、中学受験の方が絶対楽だよ。だって人数が少ないからね。内申だって小学校の方が楽だよ。高校は受験する人が多いだろう?高校受験のために塾に入れば塾代もかなりかかる。夏期講習で60万だよ。結局私立に行くのと大差なくなるよ。(先輩パパ談)

そうか、中学で公立に進んでも、結局高校受験で塾に入るなら、膨大にお金がかかるのね!うおお、そうか高校受験の塾代!盲点だった!

 

うちは小5の春から塾に通ったの。私自身は地方出身だし考えていなかったのだけど、夫の勧めでね。
「たとえ受からなくても、今から勉強の習慣をつけることはいいことだ」って言っていて。確かにそうだと思ったわ。(私立受験をした先輩ママ談)

 

ああ、確かにね。勉強の習慣をつけるには塾に行って勉強させるのはいいかもしれない。だって自分から勉強なんてしたことないもの。言わないとしないもの!

結論:どのタイミングで受験しても、子育てはお金はかかる

これから我が家は、自分のことよりも子どものことにお金を使うフェーズに入ったのだと塾のサイトを見て痛感。

料金は塾によって全然違います。個別指導なんて、あれ?諭吉何枚飛びますか的な。
4年生ならまだ安いけど、6年生になったらさらにテストだなんだで値段が上がる。

教育資金は貯めておいた方が良いに越したことはない

小学生までの間にお金を貯めておけとよく言われるけれど、間違ってなかったね。
確かにこれからお金がかかってくる。

収入格差は教育格差とよく言われるけれど本当にその通り。
お金があれば高い教育を受けることができるし、そのチャンスが与えられる。
でもお金がないと、選択肢が分かりやすく減る。本当にわかりやすく。

我が家は、まずは塾の体験からしてみようかな。

お金と教育の現実を垣間見始めた2017年春。さぁ、世の中のパパママ、今日も頑張って働きましょう!