2018年の手帳はどれにする?気になる手帳5選




2018年度の手帳を選ぶ季節がやってきました。

毎年手帳を買っているのですが、すさまじい飽き性&習慣化するのが難しい性格故、3か月は頑張れるのですが、半年を過ぎると大抵力尽きてしまっています。(今年は、7月末に引っ越したら、バタバタしていたついでに手帳をつける習慣が途切れたまま今に至ります)

2018年の気になる手帳

続かないかも…と思っていても、今年こそは!と願いを込めていつも購入しているここ数年のわたし。2018年の気になる手帳をご紹介。手帳選びの参考になればと思います。

逆算手帳2018年版

ここ一年くらい注目度アップの逆算手帳。

GYAKUSAN planner(「逆算手帳」)は「こうありたい」を実現するために、ビジョンから逆算して計画を立てることに特化した手帳です。

通常の手帳は、予定を書き込む使い方をしていますが、こちらの手帳は「なりたい未来」を実現するための計画を立てるという手帳です。女性起業家を中心に盛り上がっていて、来年もさらにブレイクしそう。やりたいことがある、夢がある方はチェックしてみては?わたしも買おうかな…

行動力アップ! 夢が現実になる未来手帳2018

カリスマメンタルコーチ・ワタナベ薫プロデュース手帳の第三弾です。毎年どんどんカバーが豪華になってきていますが、ついにクロコデザインになってめっちゃ豪華ですね。ワークがたくさんある手帳ですが、さらに今年も内容充実のようなので、ワークをしてモチベーションを上げたい方向けです。

WEEKEND WISH DIARY 週末野心手帳 2018

はぁちゅう&村上萌プロデュース手帳の2018年版です。ちなみに今年の手帳は、週末野心手帳でした。使いやすかったですよ!(既に過去形ですが…)月間・週×2と記入画面が多くて、メモすることが多い方にはぴったりじゃないかな。また、週末にしたいことを書く「週末野心」や毎月の目標を書くスペースがあって、なかなか楽しめました。

2018年版は、毎日のテーマを「頑張る日」「おうちごとの日」というように、チェックボックスで付けられます。

こんまりの毎日がときめく魔法の片づけ手帳2018

こ、こんまり手帳ですよ!ついにこんまりさんは手帳にも進出しているのですね。
気になったのは、「こんまりの片づけメソッドがしっかり身につくダイジェスト」。片づけ、ほんと習慣化されないのですよね。
毎月の「ときめき習慣」設定シートも、結構気になります。

ほぼ日手帳2018

 

2018年1月始まり オリジナル カラーズ ラズベリー

ブランド化された手帳といえば、やっぱりほぼ日手帳じゃないでしょうか。

タイプも4種類。

  • 文庫本サイズ:オリジナル
  • A5サイズ:カズン
  • 英語版:planner
  • 週間タイプ:weeks

1ページにかけるスペースがとっても大きいので、イラストやメモ、小さい写真を貼るなど好き放題使えるのがこの手帳の醍醐味ではないでしょうか。(weekは週間なので、スペース少ないですが)

色やデザインはたくさんの中から選べますし、自由に使えるシンプルなデザイン、読み物として楽しめる言葉の掲載など、さすがの仕上がりです。オプション品が豊富なところも魅力。気に入ったカバーなら、手帳のリフィルを購入して翌年も使えるというのも嬉しいですね。

ペン付き!シンプルイズベストな手帳

これはデザインと実用性重視で選びました。
カードケースや同色のボールペンが付いています。レザーで高級感があるところもステキ♡

働くママ向け!手帳

ここ1・2年で話題になっているのは、ダブルスケジュール手帳。
「仕事」と「プライベート」、「自分」と「家族」など、異なる2つの予定を1冊で管理できます。

この手帳は、手帳を購入してから知って、欲しくなりました。
お仕事のスケジュールが頻繁で子どもの保育園・学校などの予定を一つの手帳に書くとごちゃごちゃして難しい…というママにぴったりです。

インスピレーションで決めちゃうのもアリ

色々手帳がありますが、インスピレーションで決めちゃうのが一番です。

可愛い!毎日使いたい!ワクワク!

手帳には、そういう気持ちが持てないと、継続して使えません。

あなたの毎日をサポートする手帳、素敵なものを選べますように!